LINE、Facebook既読スルーはOK?悩むSNSマナー

投稿日: 2013年10月03日 07:00 JST

スマートフォンの普及で、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)がより身近になり、ネットで友人、知人らと気軽に連絡を取り合うことができるようになった。その一方で『SNS疲れ』や『SNSいじめ』などが問題になっている。では、SNSでのマナーとはどういうものだろう。

 

「『Facebook』の“いいね!”は必ず押す必要はないと思います」と語るのは、ギャルのカリスマモデルとしてデビュー後、マルチに活動している小森純さん。自分の写真や日記、コメントを友人・知人ら不特定多数が閲覧することのできる『Facebook』では、『共感する』『楽しい』などの好意を示す“いいね!”というボタンがある。これは必ず押さないとマナー違反に?

 

「たくさんの“いいね!”にうれしくなって『Facebook』にハマっている人たちもいるようですね。それでみんなが楽しくできるのならいいと思います。ただ、これは自己満足の世界。義務にしてまで、“いいね!”を押さなくていいと思うので、マナー違反ではないのでは?」(小森さん・以下同)

 

チャット形式でメッセージのやりとりができる『LINE』は、送ったメッセージを相手が閲覧すると『既読』と出る。そのため、そのまま返事をしないでおくと人によっては「メッセージを見たのに、なぜ返事をしないの?」とイラ立ちの原因になりかねない。また、グループでのやりとりもできるため、“既読スルー”をきっかけに、いじめにつながることも。

 

「私はよく既読スルーしますよ。自分のなかで納得しちゃうので……。相手のことも、とくに気になりません。でもこれは、相手との信頼関係があってこそだと思うんです。LINEだけですべて完結してしまってはいけないのかなと。ただ、いじめに発展するという事実があるのであれば、年齢制限をもうけるなど運営側の対策も必要だと思います」

 

小森さんは、既読スルーや“いいね!”の是非よりも、言葉のマナーの大切さを感じているという。

 

「知らない人から『死ね』というメッセージがたくさん送られてきて、SNSの恐怖を感じたり、精神的にとてもきつい時期がありました。SNSを使用するときには、言葉に責任を持って、相手を思いやったマナーのあるメッセージを送ってほしいですね」

【関連記事】

LINE、comm、カカオトーク…無料通話アプリ徹底比較

武井壮 事故がきっかけで引越し「ナンバーがツイッター上で広まって」
嫁姑関係に変化…「姑が嫁に気を使う時代」になった理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング