なぜお笑いコンビは片方だけ役者で成功するのか

投稿日: 2013年11月03日 07:00 JST

ツービートならビートたけし、雨上がり決死隊なら宮迫博之、バナナマンなら設楽統……お笑いコンビを見ると、その片方だけが俳優として活躍する印象を受ける。なぜか?

 

お笑い評論家で江戸川大学准教授の西条昇さんは、その理由として「第一に、コンビの方向性が違ってくるからでしょう」と分析する。

 

「コンビでも突っこみ担当は、バラエティ番組では自分の“しゃべり”で笑わせていく人が多いです。一方、ボケ担当は、天然の場合は別ですが、演技の中に自分の味を生かしていく人が多いですね」(西条さん・以下同)

 

その代表が北野武(ビートたけし)だと西条さんはいう。

 

「’83年、ドラマ『昭和四十六年 大久保清の犯罪』(TBS系)で、連続誘拐殺人の犯人を演じました。漫才でボケを演じるときと、シリアスなドラマの犯人役というギャップが、よけいに凄みを感じさせました。彼の場合、修羅場をくぐってきたタイプを演じると、その存在感が際立ってきます」

 

ただし、芸人としてのキャラクターが強すぎてしまうと、ドラマの役を演じにくくなるという。

 

「芸人は、芸人自体というキャラを、テレビの中ですでに演じているわけです。そのキャラが強いと、ほかの役を演じても、見る側が芸人の印象に引っ張られてしまうのではないでしょうか」

【関連記事】

お笑い事務所の講師が明かす「売れる芸人」「消える芸人」の境界線

渡辺直美「実は台湾出身なんです」台湾ガイドブック発売インタビュー!
矢部浩之「日課は便所掃除…」後輩芸人が落胆する変貌ぶり

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング