専門家に聞いた「ATM手数料一番トクなのはどの銀行?」

投稿日: 2014年03月10日 07:00 JST

「急に現金が必要になったとき、近くのコンビニで出金する方が多いと思いますが、コンビニATMの利用手数料が値上がり傾向にあります」

 

そう語るのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。東京三菱UFJ銀行は昨年12月、自行ATMの手数料を平日・休日とも21時まで無料とする一方、それまで無料だったコンビニATM手数料を105円に変更。みずほ銀行も2月9日から、みずほマイレージクラブの特典として回数制限なく無料だったコンビニATM手数料が制限されるようになった。

 

「マイボイスコム調べによると、コンビニATMを利用したことがあるのは66.2%で、33.8%の方が月1回以上利用すると答えています(’13年10月)。手数料105円を年間12回支払うと、大手銀行に1年間、500万円を預けた利息、1千250円を食いつぶす計算です(1年定期預金・利息0.025%)」(荻原さん)

 

4月の消費税増税の際には、ほとんどの銀行が手数料を108円に値上げするので、ますます負担は大きくなる。とはいえ、営業時間内に銀行に行くのが難しい人も多い。そこで、荻原さんが各行のコンビニATM手数料が無料になる優遇サービスを教えてくれた。

 

【みずほ銀行】

「みずほ銀行では通常、平日昼間(8時45分〜18時)なら自行とイオン銀行ATMが無料で使えます。優遇サービスである『みずほマイレージクラブ』に登録すると、預金残高10万円以上、所定のクレジットカード利用のどちらかひとつクリアすれば、自行とイオン銀行ATMの時間外手数料が無料。コンビニATMも月4回まで無料で使えます」

 

【東京三菱UFJ銀行】

「ネットバンキング『東京三菱UFJダイレクト』と優遇サービス『メインバンクプラス』に登録し、給与振込みか残高30万円以上のどちらかを満たせば、コンビニATM手数料が月3回まで無料です」

 

【三井住友銀行】

「優遇サービスに登録していない口座でも、ファミリーマートにある@BANKと自行、ゆうちょ銀行のATMが、残高に関係なく平日昼間なら何回でも無料です。また毎月25、26日は@BANKと自行ATMの時間外手数料も無料。加えて残高10万円以上あれば、自行と@BANKの平日時間外手数料も無料と、無料で使える時間帯やATMがたくさんあります」

 

優遇サービスの登録は、口座名義人本人がまず、電話で問い合わせを。また、優遇サービスは地方銀行にも波及しているので、取引銀行について調べてみるのも大事。ATM手数料は究極のムダ遣いだと肝に銘じて、手数料ゼロを目指そう!

【関連記事】

通販好きは? 預金派は? 「ネット銀行」付き合い方ガイド

レシートに○×を書くだけ!お金が貯まるミラクル術
BIG「6億円36本」出す圧倒的強さのサイトとは…

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング