May J.が教える『アナ雪』主題歌を上手に歌う方法

投稿日: 2014年04月29日 12:00 JST

関連キーワード

全国そこかしこで映画『アナと雪の女王』の主題歌を口ずさむ人々が急増中。そこで今回は、「カラオケで上手に歌いたい」という読者のために、主題歌・エンドソング『Let It Go~ありのままで~』を歌ったMay J.さんに、詳しい歌唱テクニックを教えてもらった。

 

【口を“東京ドームのイメージ”で大きく開く】

「発声は歌のベースです。腹式呼吸をして、顔の表情筋を使って、口を大きく開けるといいですよ」(May J.・以下同)

 

【胸をいつもより張って】

「歌うときには胸を開いて、息を吸うときにも肩が上がらないようにして、おなかの筋肉を使って呼吸します」

 

【語尾の母音を大切に】

「区切れの母音、一つ一つをていねいに。普通に伸ばすところと、ビブラートするところの両方があると、歌に変化がつきますし、アクセントになります」

 

【声量の配分を考えながら】

「最初は、一人になった弱い自分が、雪の中を凍えてマントをつけて歩いているようなイメージです。悩んでいたことを『それももうやめよう』と決心していき、サビの『ありのままの』で振り切っていくように歌っています」

 

【「決意する言葉」の歌詞の部分はとくに力強く】

「『もうやめよう』『私は自由よ』というエルサが決心する箇所は、その決意が伝わるように、怖がらずに声を出しています」

 

【息つぎは素早く】

「サビの前で、素早く大きく息を吸っています」

 

【3つのサビを歌い分ける】

「最初のサビは60%。後半に向けて盛り上がっていきます。『絶対に声を出す』という勢いと自信を持って頭のてっぺんに“声をあてる”。縦方向に響くイメージです。MAXは、3番目のサビの「寒くないわ」の部分。余裕があればビブラートを入れて、全身で声をすべて出し尽くす感じです」

 

【手振りも入れて】

「エルサが自らの手で氷の城をつくったときのように『ありのままの~』(左手)『ままで~』(右手)と、手の振りも付けて歌ってみては。自分のパワーを手から出すイメージで、ふだん、押さえつけているものを解き放つ感じで歌ってほしいですね」

【関連記事】

May J. 父の日LIVEに「父にはハグとキスを」と熱唱

映画ジャーナリストが選ぶ“泣ける名作”「秘密は音楽」

市川染五郎「娘は音楽の道に」教材は“松たか子のDVD”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング