iPS細胞研究の陰に「ペットの再生治療」

投稿日: 2012年12月03日 07:00 JST

 

iPS細胞研究の陰に「ペットの再生治療」

『岸上獣医科病院』の岸上義弘院長は、ペットへの『幹細胞移植』の第一人者だ。幹細胞は組織のもととなる細胞で、自己増殖力に富み、どんどん増殖し、さまざまな細胞に分化(変化)してゆく。話題のiPS細胞も幹細胞の一種だ。では実際にどんな治療をするのだろう。

 

「まず、全身麻酔をかけて脂肪を取り出したら、その日のうちに帰宅できます。その脂肪から幹細胞を採取し2週間培養したら、点滴で体に戻します。これを1週間ごとに3回受けて終了。麻酔は1回だけで、点滴は1回あたり30分くらいです」(岸上先生)

 

トイプードルのマロンちゃん(9歳・オス)は、椎間板ヘルニアの悪化による脊髄損傷だった。そのため、後ろ足がまひして歩けず、車いす生活を送っていた。ところが「1回目の点滴を受けた次の日には、もう体がシャキッとして立ったんです。それまでは、足なんかピクリとも動かなかったのに。もうびっくりして、うれしくて!」(飼い主の山之上今日子さん)

 

同じく、トイプードルのマグちゃん(3歳・メス)は前足を2度骨折。一度は切断するしかないと言われた。しかし、幹細胞移植を受け、1カ月ほどで歩けるようになり走れるまでに回復した。また、『王子ペットクリニック』(重本仁院長)で治療を受けた、ミニチュアシュナウザーのロジャーくん(7歳・オス)は、骨髄梗塞のため右半身がまひして立つこともできなかった。しかし投与後、2週間後にはやはり歩けるようになった。

 

だがこの治療法、残念ながら、猫は犬よりも細胞培養の効率がやや悪いため、犬ほどの効果は見られないようだ。また、もし治療を受けるなら、損傷を受けてから2カ月以内に受ける必要があると岸上院長は言う。

 

「幹細胞は損傷部からの"助けて"という信号に応えて集まるのですが、損傷から2カ月たつと信号を発しなくなります。そうなると、せっかく幹細胞を移植しても損傷部を素通りしてしまうのです」

 

細胞培養に2週間かかることを計算に入れると、治療の決断は損傷から1カ月~1カ月半までにしたほうが治癒率が高いという。費用は脊髄損傷の場合で20万~30万円くらい。骨折の場合は手術料や入院料も合わせて50万円程度だ(費用は目安。それぞれのケースによって異なる)。

 

「この治療はもともと自らの体から採取した細胞を使用するので、副作用がまったくなく、より安全な治療法といえます。幹細胞移植は自然の摂理に沿う、医療のあるべき姿を具現化した治療法だということ。まだまだ可能性がたくさんあります」(岸上院長)

 

 

【関連記事】

疑惑のiPS・森口尚史 医師免許なくても「法的には問題なし」

iPS森口尚史苦節15年の母「パート勤務で息子の学費捻出」
山中教授のノーベル賞受賞で注目された「再生医療」。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング