カジノ法案絡みか?安倍総理の“後見人”に疑惑の銃弾

投稿日: 2015年01月22日 06:00 JST

関連キーワード

「通報したのは警備員。夜中の3時に発砲音を聞き、朝になって銃弾を見つけたとのことです」(社会部記者)

 

東武東上線の中板橋駅から商店街を抜け、都営住宅やアパートが立ち並ぶ一角に、約250坪の敷地に立つ豪邸がある。1月14日に銃弾が打ち込まれたパチンコ・パチスロ最大手セガサミーHD会長兼社長・里見治(はじめ)氏(73)の自宅である。

 

銃撃は永田町にも激震をもたらした。なにしろ里見会長は、1月26日からの通常国会で、安倍総理が成立をもくろむカジノ法案のキーマンであり、総理の後見人と目される人物なのだ。もちろん、カジノ解禁はセガサミーにとっても大きなビジネスとなる。

 

「’13年9月、里見会長の娘が経産省のキャリアである鈴木隼人氏(37)と結婚披露宴をした際、安倍総理をはじめ、森喜朗・小泉純一郎両元首相、甘利明経済財政担当相など自民党の大物たちが多数出席して話題になりました。しかも、その鈴木氏は昨年末の総選挙に出馬して、東京比例区で初当選を果たした。もちろん背後には総理の強い援護射撃がありました」(ベテラン秘書)

 

また、安倍首相ブレーンの谷内(やち)正太郎・国家安全保障局長は外務省を退官後、セガサミーで顧問を務めたことがある。安倍政権と里見会長は“蜜月”というわけだ。両者が満を持してカジノ法案成立をもくろんだところに、今回の発砲事件は起こった。疑惑の銃弾が放たれた動機については、さまざまな説が飛び交っている。

 

「まず、セガサミーと韓国企業の合弁会社が昨年11月に韓国・仁川で着工したカジノリゾート事業で、なんらかのトラブルがあったのではないかという説。契約を切られた業界関連会社から恨みを買ったという説や、株にまつわる案件で逆恨みされたのではないかという話も聞かれます」(業界担当記者)

 

むろん、カジノ法案審議を見越しての強い警告だという声もある。

 

「安倍政権との関係が同業者に比べて抜きん出ているセガサミーを、敵対視している勢力は少なくない。また、娘婿まで国会に送り込んだ里見会長に対する反発は、業界内外で強いという見方もあります。里見会長は警視庁の聴取に対して『トラブルなどの心当たりはない』と話しているようですが……」(社会部記者)

 

里見会長宅で事件があったのは今回が初めてではないという。3年ほど前、空き巣が入り荒らされたことがあり、紛失物がないことから、嫌がらせとみられているという情報がある。

 

「じつは『8日の午前1時ごろに発砲音を聞いた』という110番通報があったのだが、このときは銃弾などが発砲された痕跡を見つけることができませんでした。8日の銃撃が報道されなかったため、犯人が2度めの犯行に及んだ可能性はあります」(警察担当記者)

 

発砲事件の翌日、15日、里見会長宅には朝早くから数多くの捜査官が出入りしていた。午前11時過ぎに里見会長は、そのなかを平然と迎えの車に乗り込んだ。

 

(週刊FLASH2月3日号)

【関連記事】

安倍首相も意欲的…東京五輪決定で加速する“カジノ解禁”

「習慣を後押ししない施策を」依存性患者が見るカジノ法案

石原宏高議員と選挙支援のUE社をつなぐ”カジノ構想”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング