佐藤優が語る日本を取り巻く3つの国際問題

投稿日: 2013年01月10日 07:00 JST

’13年、日本と諸外国の関係はどう動いて行くのか?元外務省主任分析官で、外交評論家・作家として活躍する佐藤優さんが3つの争点を語ってくれた。

 

「1つめの大きな問題となるのは、慰安婦問題です。第一次安倍政権のとき、米国の下院がこの問題に対し『日本は正式に謝罪するべき』と採決した。これは史上初のこと。この問題に決着をつけることが、日米関係にとって重要なカギとなります」 

 

日本政府はこの問題について、広い意味で軍の関与はあったものの、強制はなかったと強調している。佐藤さんは、対韓国よりむしろ対米関係を左右する重要な課題であるという。

 

「米国では、この件に関して反日感情が根強いのです。今度こそ、安倍さんをはじめとする保守派の真摯な対応が迫られます」

 

2つめは、尖閣問題。この問題のキーマンは猪瀬直樹東京都知事であると佐藤さんは言う。

 

「東京都が集めた15億円の募金で、船だまりを造ったり、ヤギを駆除したりするという案があります。中国は当然、実力でそれを阻止しようとする。そうなると、武力衝突となる可能性が高いと思います」

 

そして3つめの争点は、膠着する沖縄の基地問題にどう対応していくかについて。

 

「米軍海兵隊の普天間基地移設を強行すると、流血の惨事になります。沖縄の中ですべての米軍基地は出ていけという動きになると、日米関係の悪化は避けられません」

 

佐藤さんの分析によれば、世界では新しい棲み分けが進みつつあるという。

 

「中国は急速に経済力をつけるばかりではなく、軍事力も強大化し、いまの国際社会の秩序を大きく変えようとしています。米国は世界一の大国であることには変わりはありませんが、エネルギー政策で大きく転換していこうとしている。エネルギーの輸出国として、米国がどう変化するかによって、当然、日本の立ち位置も変わってきます」

 

米国が自前でエネルギーを供給できるようになり、現状の世界展開から手を引くことになると、日本は米国の庇護を失い、その結果、中国へ引き寄せられることに。

 

「日本は将来、中国の属国のようになる可能性もあります。そうならないよう、いまから中国以外のアジア太平洋地域の諸外国、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、チリなどとの関係を強化して、経済の中核化を図るべきなのです」

 

【関連記事】

安倍晋三を陰で支える僧が語る未来「日中韓関係良くなる」

安倍晋三の再登板を5年前に予言していた“永田町の怪僧”
元外務省の佐藤優「日本の領土問題がわかる」4冊

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング