飯島参与が訪朝直後に会談した“中国人女性”の正体

投稿日: 2013年05月29日 07:00 JST

「北朝鮮ナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長と会談したときでした。大勢の出席者のなかで、飯島氏のテーブルにだけ、灰皿が置かれていたといいます」(官邸詰め記者)

 

電撃的な北朝鮮訪朝から帰国した飯島勲内閣官房参与(67)。彼は、タール18ミリの「ゴールデンバット」を1日2〜3箱吸うヘビースモーカーだ。ナンバー2との会談での異例の厚遇。だが、飯島氏のいまの役職は、たんなる内閣官房参与にすぎない。

 

「この対応は、訪朝が朝鮮総連の許宗萬議長のルートだったからでしょう。以前から飯島氏と許議長の親密さは知られていたが、それが強まったのが総連ビルの競売問題。飯島氏に複数の総連職員が同行していたこともあり、訪朝は“総連ルートだった”が定説になりつつあります」(政治部デスク)

 

だが、そんな“定説”とは別に注目を集めた一人の熟年女性がいる。韓暁清・日中新聞社社長(50)だ。同新聞社は中国共産党の機関紙『人民日報』の日本語版の窓口。韓氏は飯島氏のブレーンといっていい存在のようだ。

 

飯島氏が平壌入りする4日前に韓氏は飯島氏と官邸で会っている。そして、飯島氏が帰国して3日後の5月21日午後、韓氏は飯島氏に呼び出され、再度官邸を訪ねた。そこには外務省の職員が一人同行していた。

 

「この日の午後1時から約30分にわたって、飯島氏は安倍首相と菅義偉官房長官に訪朝報告をおこなっている。記者団には“いっさい答えられない”と会談内容を明かさなかったため、その後に飯島氏が会った韓氏に対して、記者の質問が集中したのです」(前出の官邸詰め記者)

 

記者に囲まれた韓氏は、少し怪しい日本語で「北朝鮮ばかりでなく、周辺諸国はみな大事です。(飯島氏の)訪朝は日本の国家機密だから何もしゃべれない。中国は自然とみんな北朝鮮とつながっています。昔から朝鮮は中国と姉妹のような存在。日朝友好は日中関係に大きな影響力になるんですね」と応え、飯島氏との会談内容をはぐらかした。

 

韓氏は昨年5月、毎日新聞が『人民日報日本支社長』という肩書で紹介したこともある人物だ。また昨年7月、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)に出演したときは、中国共産党の主張そのままの物言いに、共演者から集中砲火を浴びたこともある。韓氏と面識があり、中国情勢に詳しいジャーナリストは次のように語る。

 

「怪しい日本語で、大声でしゃしゃり出るオバサンという感じの人です。飯島氏とはウマが合うのでしょう。けっしてエリートではない者同士ですから。ただ、中国とも、さらには北朝鮮にも強い人脈があるとは思えません。人民日報には平壌支局はありますが、『人民日報日本支社長』という肩書は、『朝日新聞北京販売所長』ぐらいの意味合いしかありませんから」

 

だが、米韓両国が反発するなか、飯島訪朝への中国の反応は期待を示すなど、韓氏の言葉を裏付けるかのように推移した。2人の動きは、日本外交に吉と出るのか…。

 

(週刊FLASH 6月11日号)

【関連記事】

小泉訪朝の立役者が暴露した、“金正恩暗殺未遂事件”

「北朝鮮への国際電話は日本からつながるのか」を徹底検証
1日4.8人が死亡する北朝鮮刑務所「壮絶すぎる塀の中」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング