やくみつる、安倍首相のパフォーマンスに「ハシャギすぎ」

投稿日: 2013年07月10日 07:00 JST

総理大臣就任後、テレビへの単独出演、ライブ会場で有名人と共演するなど、永田町以外の場所で数々のパフォーマンスを繰り広げる安倍首相。そんな目立ちたがりな行動に対し、漫画家・やくみつるさんは、超辛口の評価を下す――。

 

「上半期のパフォーマンスで評価できるのは、国民栄誉賞(長嶋茂雄氏&松井秀喜氏のダブル受賞)の決定ぐらいですね。これはなかなか粋な取り計らいをいたしました。ですが、授賞式で背番号96のユニフォームを着て、始球式の審判をやったパフォーマンスまでを肯定しているわけではありません。あれはハシャギすぎ。あくまでも国民栄誉賞を送るという決定まで!」(やくさん・以下同)

 

さらに安倍総理のパフォーマンスは、まるで操り人形のようだと厳しく指摘する。

 

「先日、毎日新聞が安倍さんのパフォーマンスについて、“巧妙な策略”であるやのごとく書いた記事がありました。ブレーンが考えたイメージアップのコンセプトにのっとって、計画どおりにやっていると。まぁ、本人もその気があってのことだと思いますね。そのキャラクターに乗っかっている部分もあるのでしょう」

 

そしてやくさんは、あの小泉元総理との“ある共通点”に警戒心を強めている。

 

「人気のあった小泉さんと共通しているのは、年のわりに“毛量”(髪の毛)が多い点です。私はこういう人間は信用しません(笑)。ひょっとして安倍さんは、自分の見た目が若いと思っているんじゃないか? これは大きな勘違いで、顔なんてシワクチャですから。そういう意味で安倍さんは“毛量が多くて、自分は若いと勘違いしている、パフォーマンス野郎の出たがり”という気がしてならない」

 

やくさんの、この上半期の安倍総理の評価は40点。マイナスポイントは、やはりパフォーマンスのやりすぎ。

 

「そう申しながら、私的につらいのは、今年は間違いなく『アベノミクス』が流行語大賞に絡んでくるだろうなぁ~と。本来、一選考委員が予断でものを言うわけにはいかないのですが、政治的な思惑がどうあれ、流行語という面から見ても、図抜けている。『今でしょ?』『じぇじぇ』もかなわない勢いです。いまの状況だと、本人も授賞式会場に出てくるでしょう。そうなると、サインの1つもいただかないと(笑)」

【関連記事】

安倍首相 過密パフォーマンスの振付師は“ミーハーな秘書官”

安倍首相 持病の回復アピールで患者が困惑のナゼ
美智子さま 体調悪化陰に安倍首相”白紙”発言

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング