チュニジアで日本人が死亡…次にテロが起こる危険な国は?

投稿日: 2015年03月25日 06:00 JST

3月18日、チュニジアの首都・チュニスにあるバルドー博物館が襲われ、観光客が多数死傷した。日本人も3人が死亡し、3人が負傷。外務省は渡航者のために世界各地の危険度を4段階に分けて発表している。だが、この襲撃事件前のチュニスは危険度がもっとも低い「十分注意してください」というレベル。日本人がテロの犠牲になることは、誰も予想していなかったのだ。公益財団法人『中東調査会』の金谷美紗研究員は言う。

 

「武装グループが“外国人観光客を狙ったテロが有効”と確信を持って襲撃に及んでいるのは、極めて危険。他の観光立国もテロの危険にさらされていると考えるべきでしょう」

 

1カ月後にはゴールデンウィークをむかえ、数十万人もの日本人が海外に旅立つ。テロに狙われる危険な国はどこなのか?

 

「もはやイスラム教徒の多い観光地では、“どこでテロが起きてもおかしくない”状態なのです。ピラミッドのあるエジプトやヨーロッパからの観光客も多いモロッコなどは要注意だと思います」(テロ問題に詳しい軍事アナリストの黒井文太郎さん)

 

イスラム過激派が活発に活動する北アフリカだが、イスラム問題に詳しいジャーナリストの村上和巳さんはその対岸にあるヨーロッパの地中海沿岸地域も危険性を指摘している。

 

「イスラム過激派のメンバーは北アフリカから、スペインやフランスにもやってきています。特に海岸付近、フランスならマルセイユ、スペインならセビリアあたりにメンバーが流入しているようです。いずれも多くの人々が集まる観光都市で、日本人にも人気が高い」

 

2月には英国の新聞が《イスラム国はリビアを、イタリアなどの南ヨーロッパ地域への出撃拠点と見なしている》とも報じ、イタリア政府も警戒を強めているという。

 

「パリでも今年1月に出版社が襲撃を受けました。フランスにはイスラム教徒も多く、兵士になるためにイスラム国へ向かうフランスの若者も多いのです」(前出・金谷研究員)

 

現在イスラム国は、イラクなどで攻勢を受けているが、追い詰められた戦闘員が出身国に戻り、大規模テロを起こす危険性を指摘する専門家もいる。

 

「そういった意味ではフランスの旅行には警戒が必要ですし、同様にイスラム国への兵士流入が多いイギリスなども要注意です」(前出・金谷研究員)

【関連記事】

ボストン爆破テロに元過激派も嘆き…「あれはヒドい」

1日500件…報道されない中国“貧困テロ”の実態
日用品が凶器のテロ「携帯、ぬいぐるみが爆発」の事例も

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング