“自分は大丈夫!”は危険 凶悪詐欺から身を守る対策7カ条

投稿日: 2015年04月02日 09:00 JST

関連キーワード

「5年連続で特殊詐欺の被害額が増加しており、’14年の被害額は559.4億円と過去最高を記録しました。特に65歳以上の高齢者が被害の79%を占めています」

 

そう語るのは、あらゆる種類の詐欺に絡む消費者問題を多く扱う紀藤正樹弁護士。詐欺の手口は日々、進化しているそう。今、自分の身を守る凶悪詐欺対策7カ条を教えてもらった。

 

【1】「うまい話には裏がある」「タダより高いものはない」と心得ておく

「うまい話がそう簡単に舞い込むはずがないんです。懸賞の申し込みやプレゼントの応募には十分注意しましょう」

 

【2】家族と頻繁にコミュニケーションを取り、孤独にならないようにする

 

【3】友人や近所の人など、何かあったら相談できる話しやすい人を作っておく

 

【4】高齢の両親とは、特に報告・連絡・相談を密にする

「高齢者にリフォームを持ちかけ、不当に高額な工事費用を請求する『リフォーム詐欺』が増加しています。遠方に住む親からそのような話をされたら、詳細を聞き、不審な点がある場合は代理で問い合わせ、未然に被害を防ぎましょう」

 

【5】「詐欺には絶対引っかからない」「自分は大丈夫だ」と思わないようにする

 

【6】高齢者の家の電話機を振り込め詐欺対応型の電話に替える

「最近では、自動で通話を録音してくれたり、電話帳に登録されていない番号からの着信には『振り込め詐欺対策モードになっています。この通話を録音します』とアナウンスしてくれる電話機があるんです。親が高齢の方にはオススメです」

 

【7】「『レターパック、宅急便で現金送れ』、宝くじやロト6などの『当せん番号教えます』はすべて詐欺」だと知っておく

 

紀藤弁護士は言う。「いつまでも自分が物事を正しく判断できると思わないことが大切」。

【関連記事】

食品異物混入企業12社のお詫びの額「全社が代金分だけ弁済」

竜巻被害の損失補填はどこまで…「免責額の確認を」と専門家

マイリー・サイラスが強盗被害! 盗まれたマセラティは警察が発見

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング