千野アナの悲劇から「駐車場事故防ぐ4カ条」

投稿日: 2013年01月16日 07:00 JST

千野志麻アナ(35)が静岡県沼津市の駐車場で起こした自動車死亡事故。「車好きで知識も豊富。事故の知らせを聞いて、残念に思います」と語るのは、雑誌の車特集で千野アナを取材したことのある、モータージャーナリストの佐藤篤司さん。

佐藤さんによれば、駐車場は公道ではないため、気が緩みがちで「道路よりも危険地帯といえる」面があるという。そこで、駐車場内で事故を起こさないためには、どこに気をつければよいのか。ポイント4点を佐藤さんに教えてもらった。

ひとつ目は「駐車している車両の間をすり抜けるのは厳禁」という点。陰から人が飛び出すだけでなく、停車している車のドアが急に開くこともあるからだ。

ふたつ目は「混雑した駐車場内を走行しているときには、通路にお尻を向けた形になっている車にとくに注意する」という点。駐車場での事故の多くは、バックで発進してきた車との接触事故だからだ。もし自分が、そう駐車せざるを得なくなったときには、バックランプだけを過信せずにハザードランプも点滅させること。

そして、子を持つ母にとって重要なことは「駐車場内では決して子供から目を離してはいけない」という点。通路を歩いているときはもちろん、車内でも勝手にドアを開けないようロックをかけるのは重要だ。

最後に「地下駐車場や薄暗くなってきたときには、すぐにライトを点灯する」という点。千野アナの事故が発生したのも夕暮れ時で、視界不良だったことが原因のひとつといわれている。ライトは自分の視界を保つためなのはもちろん、それ以上に、自分の車の存在を周囲に知らせるため、と心得よう。

【関連記事】

益若つばさの元夫 財産分与2千万円超獲得で高級物件物色中

小栗旬 100人招待費用を多額負担…「挙式総額は3千万円超」
小雪が利用の韓国産後院「1泊5万円でセレブ御用達」の声

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング