遠隔操作犯に酒鬼薔薇…「’82年生まれ」に容疑者続出の理由」

投稿日: 2013年02月25日 07:00 JST

「彼らに共通しているのは、“普通の家庭から生まれた犯罪者たち”という点でしょう」

そう話すのは、社会心理学を専門とする、新潟青陵大学大学院の碓井真史教授。“彼ら”とは「遠隔操作ウィルス事件」の容疑者として逮捕された片山祐輔をはじめ、97年の「神戸連続児童殺傷事件」の酒鬼薔薇聖斗、00年の「西鉄バスジャック事件」、08年「秋葉原通り魔事件」の加藤智大容疑者などのこと。皆もれなく現在30歳の82年生まれだ。

 

82年とは、あみんの『待つわ』が大ヒットし、ホテルニュージャパンの火災が世間をにぎわし『積木くずし』がベストセラーになった年だ。平成初の小学生となった82年世代は、“失われた10年”と言われる時代を小・中・高校生として過ごした。中学時代には「いじめ」が、高校時代には「キレる17歳の犯罪」、大学を卒業する頃には「ニート」、今は「ワーキングプア」が社会問題となった。

 

「かつては『いい大学を出て、いい会社に就職しなくてはいけない』というのは比較的上流な階層だけの悩みだった。今は豊かで合理的な時代だからこそ『当然ウチの子も仕事はホワイトカラーがいい』という風潮が生まれた。秋葉原の通り魔事件の犯人も、国立大に行けず、正社員にもなれなかった。だから『自分はダメなんだ』と思い込んだ。彼にはそうした基準がスタンダードだったんです」(碓井教授)

 

さらに80年代世代は『君たちには無限の可能性がある』と個性尊重が叫ばれた世代。

「周りには、実際に可能性を活かして成功した人もたくさんいる。だから、実は自分がそうじゃないと気づいたとき、非常に苦しくなるんです。さらに彼らに共通しているのが、学校の成績が比較的優秀だった点。自負があるからこそ自分に見切りをつけられず、『こんなはずじゃなかった』となってしまう」

 

しかし彼ら自身の理想が高過ぎたわけではないという。

「彼らは理想を持っていないんです。社会常識としての理想であって、自分自身の理想がない。だから、そこから外れると『人生お終いだ』と思ってしまう。そして自分を『ダメだ』と責め続け、一転して、そんな自分が認められない『世の中が悪い!』という考えになってしまうんです」

碓井教授はそう精神分析する。これが「暴発の深層」なのだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング