大川小の悲劇から5年、遺族勝訴でも怒る“証拠ビデオ”の存在

投稿日: 2016年11月04日 06:00 JST

image

 

「今日の判決にはなにひとつ納得できません。当時の校長や(当日学校にいて唯一生き延びた男性教師)A先生に《救助活動をする義務がなかった》とは、どういうことなのか、人として、教員としてどうなのか−−」

 

2011年3月11日の東日本大震災による大津波で、宮城県石巻市立大川小学校5年生だった二女・紫桃千聖ちゃん(享年11)を亡くした母・さよみさん(50)が、怒りをあらわにして言う。

 

地震発生から津波が襲うまでの「51分間」。教師の判断で校庭に座らされ、裏山ではなく三角地帯(川の堤防方向)に避難させられて死亡・行方不明となった児童74人のうち、23人の遺族が市と県に計約22億6,000万円の損害賠償を求めていた大川小訴訟。

 

10月26日、仙台地裁より市と県に、計14億3,000万円の支払いを命じる判決が出された(控訴期限は2週間)。だが《勝訴 子供たちの声が届いた!!》と書かれた旗文字は“終結”を示すものではなかった−−。

 

ジャーナリストの池上正樹さんが言う。

 

「お金のための訴訟ではなかった。あの51分間に“何が起きたのか”を知るための闘いでした。《校庭にいた先生に子どもの命を守る義務があった》と市と県の法的責任を認めて遺族の『勝訴』となりましたが、5年7カ月をかけた裁判でも、知りたかった部分はほぼ不明のまま−−。そこに遺族のもどかしさがある」

 

学校側の“真実を隠す”体質は、3月11日の震災直後から繰り返されてきたという。千聖ちゃんの父・隆洋さん(52)が振り返る。

 

「山に逃げようと子どもらが話していたという聞き取りメモが“子どもの記憶は変わるから”と破棄されました。そういった、保身のための彼らの偽証は、すべて“あの日”から始まったんだと思います」

 

隆洋さんが“あの日”というのは、遺族の強い要望でようやく行われた、’11年4月9日第1回保護者説明会だ。この説明会で津波を生き延びた唯一の教師・A先生が証言している。遺族らが撮影した当日のビデオ映像を確認することができた。A先生はときおり言いよどみつつも、津波襲来の瞬間をこう振り返った。

 

「校庭では、すでに堤防のいちばん高いところに避難するというので、移動を始めていて、私はいちばん後ろになって、ついていきました。その直後、ものすごい高さの津波が道路に沿ってくるのが見えました。すぐに『山だ、山だ、こっちだ』と叫んで山のほうにやりました。山にたどり着いたとき、私も雪で滑ってぜんぜん登れなくて、周りに子どもたちもいました。斜面についたとき杉の木が2本倒れてきて、それにはさまれた瞬間に波をかぶって、もうダメだと思ったが、波が来たせいか木が軽くなって、斜面の上を見たら、数メートル先のところに3年生の男の子(Bくん)が『助けて』と叫んでいました。絶対にこの子を助けなければと、押し上げるようにして斜面の上に必死で登っていきました……」

 

この説明会を最後にA先生は「体調を崩し自宅療養中。医師よりパニック障害、対人恐怖症、うつ病などで入院を勧められている」として公の場に現れなくなった。

 

そして、遺族側が独自に調査した結果、A先生の話の中でいくつか“つじつまが合わない”部分が出てくる。たとえば、A先生とBくんが避難した先の自動車整備工場の千葉正彦社長の証言。

 

「A先生もBくんも服装はきれいで濡れていなかった。波はかぶってないと思います」

 

また、津波に遭遇しながら奇跡的に生還した4人の児童のうちの1人、当時5年生だった只野哲也くん(17)と父・英昭さん(45)は、Bくんの話を聞いている。

 

「Bくんは『僕は自分で登った』と言いました。そして『A先生が山の上のほうにいて“こっちだ、こっちだ”って言っていた』とも。この証言を聞いて、A先生が『波をかぶった』というのは偽証だと思ったのです」(英昭さん)

 

遺族関係者が、A先生が遺族の前で嘘の証言をした理由をこう推測する。

 

「学校側が決めた『三角地帯に避難する』という命令をA先生が守らず裏山に逃げたのであれば、その指示に背いたA先生が助かり、従わされた児童が被災したことになる。学校側の『過失責任』を問われないよう、当時の“上司”の指示で、A先生が偽証させられたのではないでしょうか」

 

市や教育委員会の説明が信じられなくなった遺族は、’14年3月に「A先生の真実の言葉を聞きたい」と民事訴訟に踏み切った。だが、A先生の証人尋問は今年4月に裁判所に却下される。今回の勝訴でも“納得いかない”理由はここにある。

 

被告側が控訴する可能性はまだあるが、英昭さんは次のように決意表明をする。

 

「裁判中は『係争中の事案』を理由に中断されていた遺族と学校関係者の話し合いを、すぐにでも再開し、51分間の真実を明らかにしたい。わが子(長女・未捺ちゃん)を亡くした事実に、嘘の説明をされることほど怒りをおぼえることはないんです。それでもA先生が真実を語ってくれないのなら、個人的に彼のところに私が訪ねていくことになるのかもしれない。いくつかの選択肢がありますから、判決は終わりではなく新たな闘いの始まりだと、私たちは思っています」

【関連記事】

遺族の思い踏みにじる 石巻市「大川小校舎解体のシナリオ」

生存者14歳少年が証言する3・11大川小の過ち
希望の光を…「石巻日日新聞」が住民を励まし続けた5年間

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング