「吸い殻を落とす観光客も」女川町・被災地ガイドの葛藤

投稿日: 2013年03月09日 07:00 JST

「町の傷口をさらして、お金を落としてもらう観光。それでいいのか、という町民の意見もあります。しかし女川の復興には欠かせない事業なんです」

 

そう語るのは女川町観光協会の臨時職員である阿部真紀子さん(42)。被災地としての女川町を観光客に案内するバスツアーのガイドをしている。

 

女川町は、全国でもっとも震災の被害が大きかった地域の一つ。4千500棟あった民家のうち3千棟が津波で流された。阿部さん自身、幸い家族は全員助かったものの、実家は全壊。両親はいまも仮設住宅に暮らす。

 

「私が案内する場所は現在、瓦礫が撤去されて平地になっていますが、ここで1千人以上の方が亡くなっています。知り合いも数多くいました。当時の勤務先の隣のビルは、いまもひっくりかえったまま残っています」

 

震災前に1万人だった住人は6千人にまで減った。そんな、なにもなくなってしまった女川町のガイドを始めて11カ月になる。その間、全国各地から”被災地・女川町”の現状を見に、訪れた観光客は1万人を超えた。これが、町の活性化を助けてくれる。

 

ただ、訪れる観光客のなかには、平気で吸い殻を落としていく人、泥酔してバスに乗車してくるような人もおり、心を痛めることもあるという。

 

3月末に臨時職員としての任期が切れるが、阿部さんはその後も残ると決意している。

 

【関連記事】

「福島でジャングルジムにも上がれない子どもが急増中」の悲鳴

被災地・仙台に開設も…何でも相談できる「24時間営業」の駆け込み寺!
「100歳の詩人」柴田トヨさんが被災地に贈る“泣ける詩”3編

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング