1年で契約者倍増…「ラップ口座」を始める前の注意点5

投稿日: 2014年10月22日 16:00 JST

一定のお金を預けたら、プロがさまざまな金融商品に運用してくれるという「ラップ口座」の契約件数が増え、注目されている。

 

「ラップ口座のラップとは『包む』という意味で、意外と高回りも…専門家に聞く“株主優待目的の投資”の始め方包括的に行うサービスを指します。個人と、証券会社や信託銀行が、投資一任契約を結んで行います。最初に、運用方針を相談します。日本株や外国株、債券や投資信託、不動産投資信託などから投資商品を選び、顧客の希望に沿った組み合わせを考えます。その後、実際の売買や運用、資産の管理などはプロにおまかせ。顧客には定期的に、運用実績の報告書が届きます」

 

そう話すのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。「ラップ口座」で特徴的なのは手数料で、運用資金残高によって決まる。通常の売買ごとにかかる手数料は不要で、年間で残高の1〜2%が一般的だ。

 

「ラップ口座はもともと富裕層向けのサービスでしたが、最低投資金額が500万円に引き下げられ、飛躍的に広がりました。今では300万円から始められるところもあります。昨年から今春までは、アベノミクスによる株高でラップ口座の運用利回りも5〜10%と好調な口座が多かったようです」

 

ラップ口座のセールスポイントは、プロにまかせられる安心感だが、顧客は丸投げしてはいけないと荻原さんはいう。そこで、荻原さんに「ラップ口座」の注意点を聞いた。

 

【1.ラップ口座は投資】

「プロが運用しても、損失が出ることもあります。預金保険制度や投資者保護基金の対象ではありませんから、必ず、余剰資金で運用してください」

 

【2.投資について何も知らずに契約するのは危険】

「投資商品の種類や特徴、それぞれどの程度のリスクがあるのか、下調べしましょう。また株価の動きなどにも注目しておきましょう」

 

【3.運用をどの金融機関に、どんなプロにまかせるのか、身長に選ぶ】

「実際に窓口で説明を聞き、質問してみましょう。たとえば、リスクを質問したとき、『投資配分が○%ですから、リスクは○%あります』と数字で、的確に答えてくれるプロを選ぶといいと思います」

 

【4.運用方針を決め、指示するのは顧客】

「プロの意見をうのみにするのではなく、不明な点は質問し、納得して決めましょう」

 

【5.ラップ口座に投資信託を組み込む場合、信託報酬も必要】

「たとえば500万円の資金でラップ口座を始めると、さまざまな投資信託を組み合わせることが多く、ラップ口座の手数料と信託報酬の両方がかかってきます。信託報酬は金融機関によって違いますので、手数料が合計いくらになるのか、それを上回る利益が見込めるのかを確認しましょう」

 

ラップ口座は、資産運用の選択のひとつ。世間の風潮にあおられず、自分で考え決めることが肝心だ。

 

「最近では、ラップ口座を契約するとがん保険が付くところもありますが、そういった特典に惑わされないようにしましょう。あちこち回って、比較して決めてください」

【関連記事】

意外と高回りも…専門家に聞く“株主優待目的の投資”の始め方

アベノミクス下の金融商品「普通預金が最強」と専門家
「30代は専業主婦になっちゃだめ」と年金専門家が語る理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング