現役公務員が指南!老親がいる家の税金は安くなる!

投稿日: 2015年03月12日 17:00 JST

「世帯分離をしていても、親を扶養とすることは可能です。そうすると収入から扶養控除が差し引かれ、そのぶん所得が少なくなるので、所得税や住民税が安くなります」(某地方都市で税の徴収を担当する地方公務員のXさん)

 

アベノミクスなど、どこ吹く風。親や子どもにお金がかかり、毎日の生活がやっとな家族が多い。先進国のなかでも貧困率が高い日本。しかし、そんな人たちこそ“控除漏れ”により、税金や保険料を払いすぎている場合があるという。

 

親が75歳以上になると全員「後期高齢者医療制度」に入る必要があるため、夫の保険の扶養には入れない。また、国民健康保険には扶養という概念がないため、たとえ両親が75歳未満でも、夫の保険の扶養に入れない。だが、それは「同じ保険に入れることができない」という話。

 

「扶養には、保険を一緒にするという意味のものと、もうひとつ、所得税や住民税を安くするという意味のものがあるのです。税金面では、親が75歳以上でも、夫(子)が国民健康保険の加入者であっても、親を扶養とすることは可能です」(ファイナンシャルプランナー・西山美紀さん)

 

その条件は、大きく分けて3つ。6親等内の血族、もしくは3親等内の姻族であること。さらに、扶養とする相手の所得が38万円以下であることだ。

 

「ただし、仕送りをしていれば別居でもOKです。仕送り額に明確な決まりはありませんが、2万〜3万円程度では養っているとは考えにくいため、やはり5万〜10万円ぐらいは仕送りしている必要があるのではないでしょうか。また、仕送りを証明する口座のやりとりも残しておきましょう」(税理士・落合孝裕さん)

 

所得の基準に関しては、65歳以上の親族なら、年金受給額158万円以下が該当。年金には120万円の控除があるので、158万円以下なら控除後の所得が38万円になる。

 

親の面倒をみるのは子の務め。ならば、条件さえ合うのなら、扶養とすることで、せめて税金は削減しよう!

【関連記事】

会社員だって確定申告「意外と知らない税金の取り戻し方」

消費税戦国時代だから見習いたい黒田官兵衛の倹約術
年収500万円で税金15万円増!?恐怖の「増税カレンダー」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング