「初心者におすすめ」に気を付けて…話題のNISAに潜む落とし穴

投稿日: 2015年09月03日 06:00 JST

関連キーワード

image

「『投資を始めるならNISA(少額投資非課税制度)』という宣伝をよく見ます。通常なら運用で出た利益や配当金には20.315%の税金がかかりますが、NISA口座なら非課税です。メリットが大きいのは事実です。ですがNISA口座は、メリットばかりが強調され、デメリットを把握している方が少ないようです。メリットもデメリットも両方きちんと理解して、選ぶことが大切です」

 

そう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。「初心者におすすめ」と評判のNISA。だが、NISAには思わぬ落とし穴があるという。荻原さんが指摘するデメリットはおもに3つ。いずれも損をしたときのリスクだ。そんな、3つの落とし穴を荻原さんが解説してくれた。

 

【1】損をしている価格が、購入価格になる

「NISA口座は投資商品を5年間置けますが、5年後には一般の口座に移さねばなりません(一回のみ、再預入可能)。NISA口座で買った100万円の株が5年後、50万円に値を下げていたとします。このときNISA口座から一般の口座に移すと、株の取得価格は50万円とみなされます。その後、株価が100万円まで戻り売却すると50万円の利益が出たことになり、税金が10万1千575円かかります。はじめから一般の口座であれば、100万円で買った株を100万円で売却すれば利益はゼロになり、そこに税金もかかりません」

 

【2】ほかの口座と損益通算ができない

「投資は通常、損失と利益を相殺して課税されますが、NISA口座は相殺できません。たとえば、NISA口座で100万円の株が80万円に値下がりし、売却。一般の口座にある別の100万円の株が120万円になりこちらも売却したとします。NISA口座は損益通算できないので、一般口座の利益20万円に税金が4万630円かかります。両方とも一般の口座なら、利益20万円と損失20万円が相殺され税金はかかりません」

 

【3】損の繰り越しができない

「一般の口座なら、損は繰り越せます。たとえば今年50万円の損を出し翌年20万円の利益が出ても、前年の損と相殺されて税金はかかりません。損は3年間繰り越せるので、2年目に10万円、3年目に20万円利益が出ても税金はかかりませんが、NISA口座にはこの制度はありません」

 

NISA口座は、利益が出たときのメリットは大きいものの、損したときの補償がない。NISAを始めるときには、くれぐれもご注意を。

【関連記事】

長期投資に向かない? 荻原博子さん語る「NISAの落とし穴」

気づいたときに元本目減りも…人気の投資信託に潜む落とし穴

専門家が指摘「年収400万円以下なら住宅購入は増税後に」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング