自己負担も増加へ…専門家が危惧する介護保険制度の“改悪”

投稿日: 2016年12月31日 12:00 JST

image

 

「’17年の国会で審議されることになっているのですが、『介護保険制度』の一部に見直しがあります。今後、介護を取り巻く環境は悪化することはあっても、よくなることはありません。利用者は注意が必要です」

 

このような問題提起をするのは、淑徳大学総合福祉学部教授の結城康博さんだ。約650万人もの団塊の世代がすべて後期高齢者(75歳以上)となる’25年に向けて、利用者の“負担増”は避けられないという。

 

「介護保険制度がスタートしたときの介護サービスの自己負担額は、全員が1割負担でしたが、’15年からは、単身で年収280万円以上の層が2割負担に引き上げられました。そして次回の改正では、年収が383万円以上の人が、3割負担になることが確実視されています。この負担増の対象者は高齢者の3%ほど。年金生活者としてはかなりの富裕層といえますが、まずはこれを足がかりに、今後数年をかけて対象者が増えると見ています」(結城さん)

 

将来の自分の介護資金を考えるうえで、まずは、現状の介護に関する保険制度の全体像を理解しておくべきだろう。

 

核家族化が進んだ今、高齢者が脳梗塞などで倒れてしまって介護が必要になった場合、家族だけで支えるのには限界がある。そこで誕生したのが「介護保険制度」だ。原則、65歳以上が対象で、自治体などの介護認定審査会により要支援(2段階)、要介護(5段階)と認定されると、さまざまな介護サービスが受けられる。国民は40歳から介護保険に加入して保険料を支払い、受けた介護サービスの料金の1割から2割を負担する。

 

だが、『脱・老後破産マニュアル』(こう書房)の著者でファイナンシャルプランナーの長崎寛人さんは、この制度についての危惧を訴える。

 

「介護保険制度は’00年にスタートした新しい制度ですが、要介護認定数と介護保険サービス利用者数は、すでに約3倍。総費用も10兆円を超えています。現在の“安心”は長くは持たないでしょう。要支援・要介護の認定数は、70〜74歳でわずか6.2%ですが、その後は段階的に増えていきます。75〜79歳で14%、80〜84歳で約30%、85歳以上になると、約60%の人が要支援、要介護の認定を受けています」(長崎さん)

 

つまり、介護保険制度を維持するためには、財源である現役世代にさらなる“犠牲”を強いる可能性が高い。そういった将来の“マイナス要素”を加味したうえで、介護資金を考えなければならないのだ。長崎さんは、行政があからさまに手を付けているのは、65歳以上の人の、毎月の介護保険料の値上げであると指摘する。

 

「制度開始時に、介護保険料は全国平均で月2,911円でした。それがこれまで段階的に引き上げられ、現在は5,514円です。さらに’25年8,200円程度になるといった試算もあります。そして加入者の年齢引き下げです。年金保険料の納付義務は20歳からですが、同じように介護保険料も、現在の開始年齢の40歳から“前倒し”してもいいだろうと考えるのではないでしょうか」(長崎さん)

 

また、介護保険料の“地域格差”も知っておくべきだという。

 

「高齢者が多くても、元気で介護認定数が少ない地域ならば安く、反対に要介護認定者数、限度額ギリギリまで使用する高齢者施設が多い地区では、自然と高くなる傾向があります。15〜20%ほど違うケースも」(長崎さん)

 

前出の結城さんは、介護サービスを受ける際の自己負担分を、上げていくのではないかと話す。

 

「幅広い世帯で自己負担の割合が増えるでしょう。’15年から年収280万円以上の人が1割から2割負担になりましたが、次は年収200万円まで、その対象が広げられると思われます」(結城さん)

【関連記事】

「もう生きていけない!」70歳以上医療費“自己負担増”に怒り

長引けば早期発見時の数十倍も…最新「がん治療のお値段」
庶民の負担拡大の’16年は「家計の1割ダウンサイジング」を

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング