65歳定年制の落とし穴「『気づかず定年』にされる場合も」

投稿日: 2012年12月10日 07:00 JST

 

65歳定年制の落とし穴「『気づかず定年』にされる場合も」

「いよいよ来年度から、厚生年金の支給開始年齢が引き上げられます。これに対応する形で国は、65歳までの雇用を確保するよう、各企業に義務付けているのです」

 

と解説してくれるのは社会保険労務士の山本礼子さん。国は20134月から「改正高年齢者雇用安定法」を施行し、厚生年金の支給開始年齢は最終的に65歳からとなる。すでにいくつかの有名企業はその施行に対応し、来年度から定年を65歳まで延長することを発表している。

 

しかし「それまでと同じ形で働ける人は、一部の人だけ」と山本さんは言う。定年の延長で考えられる主婦への影響としてまず、各企業の人件費が大幅に増えてしまったしわ寄せが、派遣社員やパートの待遇に響いてくるのではないか、と心配する。

 

「中小企業にとってみれば、定年延長の対象者が1人、2人であろうと、大きな負担になります。その結果、新入社員の採用を控えよう、アルバイトやパートに充てる費用を減らそう……という考えにつながるかもしれません」(山本さん)

 

また、多くの企業が採ると予想されるのが「継続雇用制度の導入」だ。定年は従来どおりの60歳で、その後は嘱託社員などの形で契約を結び直すという方法。その契約内容は業種や仕事の中身によってさまざまで「週3日勤務」「時給換算での支払い」など、それまでの半分以下の給与にされてしまうことも考えられる。

 

改正高年齢者雇用安定法には、守らなくても厳しい罰則が科されることはない。そこも問題だと山本さんは指摘する。なかには、働く側が何らかの意思表示をしないと、定年の延長すらしてくれない企業もあるという。

 

「とくに中小企業の場合、毎年定年の方がいるわけではないので、情報漏れが起きることは考えられます。『60歳を迎えても、自分はこういう形で会社に残りたい』と積極的に自己主張しておくことが大切です。さもなくば、60歳になった時点で会社からサヨナラされてしまうこともあります。制度が変わった、法律ができたということを、主婦の方が把握して、会社や夫に働きかけていかないと」(山本さん)

 

まずはダンナさんの勤め先の状況をチェックしたほうがいいかも!

 

 

【関連記事】

年末年始にお金を使わない秘策「お年玉は図書カードに」

パート勤務妻 家庭で発言力が強まる年収は「300万円以上」
パート収入130万円の壁崩壊で「働く主婦が二極化時代」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング