香り×柔軟剤、特保×コーラ、2012年ヒット秘訣は「進化」

投稿日: 2012年12月21日 07:00 JST

今年、登場したヒット商品の多くが、「あったらいいな」となんとなく考えている夢を形にしてくれたものだった。いまあるものを「あったらいいな」に進化させて大ヒットしたモノを紹介しよう。


2月中旬に発売された「レノアハピネスアロマジュエル」シリーズ(P&G)は、日本初の衣料の「香りづけ専用」商品だ。ビーズ状の「ジュエル」を洗剤と一緒に洗濯機に直接入れて使用する。これまで衣料に香りをつけるのは柔軟剤がメインだったが、その概念を大きく変えて発売直後から大ヒット。一時は出荷停止になったほどだ。同社レノアブランドマネージャーの川畑麻美さんは言う。


「もっと長続きする香りが欲しい、毎日、違う香りが欲しい……そんなニーズに気づいたのがきっかけです。でも柔軟剤はほかの成分も入っているので、多くは入れられない、という声も聞きました。そこで社内を見渡したところ、この商品に出会ったんです。日本のお客さま向けのアイデアが詰まっています」


4月24日に発売された「キリン メッツコーラ」(キリンビバレッジ)は、特定保健用食品(特保)史上初のコーラ系飲料という意外性が大きな反響を呼び、生産が追いつかないほどの人気だ。’12年11月上旬時点で、早くも1億2000万本を突破。半年間で年間目標の5倍を記録した。


「特保で商品を作るプロジェクトができたのは’07年。1年くらいかけて、コーラ以外の炭酸や紅茶、コーヒーなども含め、研究を重ねました。結局、特保といちばんミスマッチで面白いと思ったコーラで開発を進めることに決定。完成までに数百種類のコーラを飲んだと思います(笑)」(同社マーケティング部・商品担当、光星晴信さん)


”あらゆる臭いをわずか30秒で消臭、100回洗濯してもその力は落ちない”という、セーレンの消臭アンダーウェア「DEOEST」シリーズから今年4月、リニューアル発売された女性用ショーツは、月に1000~2000枚という驚異的な売れ行きを示している。


その他、今年の大ヒット商品は、まったく新しい歯間洗浄器具「フィリップス ソニッケアー エアーフロス」や、軽っぽくない軽自動車、ホンダの「NBOX」、目のスチームと温感ヒーターを備えた美容家電、パナソニックの「目もとエステ」など、あったものを「進化」させた商品が並んだといえるだろう。

【関連記事】

特保ドリンクで痩せるって本当?1カ月半飲み続けてみた

エメマンCMの過酷すぎる撮影裏「スタッフが高山病に…」
味覚崩壊レシピを食卓に並べる「メシマズ女子」が急増中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング