年収500万円で税金15万円増!?恐怖の「増税カレンダー」

投稿日: 2013年02月04日 07:00 JST

「増税や社会保険の値上げで、これからますます、可処分所得は減り続ける傾向にあります」という経済ジャーナリストの荻原博子さん。今後3年間の”増税スケジュール”を教えてくれた。

 

「1月から徴収がスタートした復興特別所得税に始まり、4月には医療保険の値上げも加入する組合によってはあるかも。さらに、毎年10月に値上げされる厚生年金保険料、そして来年、再来年と押し寄せるのが消費税の増税です」

 

来年、2014年4月に、消費税が5%から8%にアップ。同時に国民年金保険料も値上げされる。6月には、復興特別住民税がスタート。10年間にわたり住民税を1人当たり年間1000円引き上げる。同時に厚生年金保険料も値上げ。

 

2015年は、1月に相続税の基礎控除額が引き下げになり、相続税と所得税の最高税率は引き上げられる。4月には国民年金保険料が値上げされ、10月、ついに消費税は10%に。厚生年金保険料もさらに値上げされるのだ。

 

消費税10%の時代とは……「夫婦とお子さん2人の4人家族がどれだけの負担増になるかを試算してみると、年収500万円のご家族の場合、’11年と比べて年間約15万円の負担増となってしまいます」(荻原さん)

 

同じように年収300万円なら約10万円、年収700万円の家庭は約22万円の負担増になる、との試算が出た。

 

「会社員でも該当する控除をそれぞれ受け、月1万円くらいを目指して”ちりつも”で、いつの間にか払った税金を全額取り戻すことも可能です」と荻原さん。心して負担増に備えたい。

 

【関連記事】

スーツ代や経理への出しそびれ経費も…会社員の新節税法

会社員だって確定申告「意外と知らない税金の取り戻し方」
インフレが招く恐怖の老後格差から身を守る4つの方法

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング