燃料費高騰のいま「家族でできる冬の節電」を荻原博子が解説

投稿日: 2013年12月19日 07:00 JST

12月2日から、政府の節電要請期間が始まった。原発の廃炉費用も上乗せされ、電気料金はますます高くなるようだ。そこで経済ジャーナリスト・荻原博子さんが「家族でできる冬の節減」を提言してくれた。

 

「頭寒足熱がいいと床暖房が注目されますが、広範囲を暖める床暖房より、人がいる狭い場所だけを暖めるホットカーペットのほうが割安です。こまめに温度を調節し、暖めすぎを防ぎましょう」

 

荻原さんは最近、電気敷毛布を愛用しているという。背中が温かいとエアコンなしでもぐっすり眠れ、切タイマーがあれば消し忘れもなく安心だ。

 

「冬の節電はほかにも、エアコンの設定温度を1度下げる。お風呂は時間を空けず、続けて入る。湯たんぽなどエコグッズを活用するなどありますが、みなさん、ご存知のことがほとんどだと思います。節電が成功するかどうかのカギは、実行力。家族の協力が不可欠です。家族が集まるお正月に、節電について話し、来年の電気使用計画を立てましょう」

 

話し合いをスムーズに進めるためには、事前に資料を集めておきたい。電力会社のカスタマーセンターに問い合わせれば、過去の電力使用状況のグラフなどを送ってもらえる。これを見て無駄遣いの原因を探してみよう。

 

「今年の春から電気メニューが変わりました。平日の日中に電気をあまり使わない方や夜間に多く使う方など、適切に選べば電気料金が割安になります。カスタマーセンターに相談すれば、使用状況にあった料金メニューを提案してくれます。インターネットなら、料金メニュー設定のシミュレーションも可能。また、これからは自然エネルギーの時代。太陽光パネルの設置などをじっくり検討するのにも、いい機会です」

 

省エネ設備の導入には、国や自治体の援助もあるが、助成額はさまざま。お住まいの自治体にお問い合わせを。

 

「ふだんはそれぞれの個室にこもりがちな家族が、一部屋に集まり、鍋などを囲んでワイワイ話せば、楽しくて暖かい。節電効果もバッチリです。光熱費の高騰は、家族の協力と団結で乗り切りましょう」

【関連記事】

荻原博子が語る増税反対「社会保障の充実はどこへ…?」

荻原博子さんに教わる“負担増の波”に対抗する術
お祝いの適正金額は?結婚式の“お金のマナー”5

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング