ダル 「会見最前列に父ファルサが…」特別扱いに米記者激怒

投稿日: 2012年03月03日 00:00 JST

ダル「会見最前列に父ファルサが…」特別扱いに米記者激怒

ダルビッシュ有(25)のメジャーへの第一歩は、まさに”驚き”の連続だった。キャンプイン前日の21日、自主トレの段階で取材申請は昨年の3倍、警備員の数も2倍。報道陣は100人以上がつめかけ、うち60人以上が日本人だったという。


長年レンジャーズを取材している現地記者は、「昨年までならMLBが発行するIDカード(白色)があれば、30球団どこにでも行けた。ところが今年はそのIDカードに『レンジャーズは除く』と書かれている。要は、このチームだけに有効なIDカードが必要になるんだ」と。さらに球場内での撮影にも制限が。ダルビッシュが移動した場合、カメラを固定しての撮影はOKだが、動きながらの撮影はNGだった。


球場からブルペンまでも、ダルビッシュの安全を考慮してコンクリートを敷きつめた”ダルロード”が完成。また、施設内にあるグッズショップでは選手の背番号入りのTシャツが売られているが、名前入りはダルビッシュのものだけ。新人のTシャツが売られることは球団史上初だが、キャンプ初日で288枚が売れたという。


まさに至れり尽くせり”ダル仕様”のキャンプという感じだが、キャンプ前日にはちょっとした事件が起きていた。昼過ぎに練習を終えたダルビッシュを、米国人記者数人が感想を聞こうとロッカールームの外で待っていたが、彼は記者の呼びかけを無視して球場を後にしてしまったのだ。その”常識外れ”の行為に米国人記者たちは激怒。


米テレビスタッフはこう苦言を呈す。「メジャーで成功するには、メディアを味方につけることも重要。メジャーに来たのなら、こっちでの対応の仕方を学んだほうがいい。そうしないと思わぬ敵が立ちはだかるかもしれない」


キャンプ初日、ロッカールームへ多くの報道陣が肉声を取ろうとつめかけたが彼は雲隠れ。そればかりか日本メディアはもちろん、米メディアにも異例の取材NGが通告された。これには米メディアも怒りを通り越して、呆れ気味だったという。また、練習後の会見には、なぜか最前列右端には父・ファルサさんが陣取るという異様な光景が……。まずは「郷に入れば郷に従え」ということが必要なのかもしれない。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング