野田首相 ”一升酒宴会”で密会した主賓は「みのもんた」

投稿日: 2012年03月15日 00:00 JST

野田首相”一升酒宴会”で密会した主賓は「みのもんた」

「お酒を昨日久しぶりに、しっかり一升飲みました」と野田佳彦首相(54)が上機嫌で話したのは3月3日のこと。野田流のリップサービスのつもりだろうが、「18歳から喫煙」失言といい、国政をあずかる最高責任者としては、口が軽すぎて情けなくなる。


一升酒を飲んだ3月2日の野田首相の行動は、翌日の朝刊各紙の首相動静で知ることができる。それによれば、〈(午後)7時8分、東京・銀座の日本料理店『松山』。手塚補佐官、蓮舫参院議員と会食〉などとある。しかし、野田首相がつい口を滑らせるほど上機嫌だったのには、腑に落ちるワケがあった。


「じつは、あの宴席には主賓が別に存在していたんですよ。キャスターの、みのもんたさんです。みのさんは『朝ズバッ!』で一貫して民主党政権に厳しい姿勢で臨んでいます。消費税増税にも”本当に腹が立つ”とやっていますから、みのさんに対する懐柔でしょう。(TBS)局内では箝口令が敷かれています」(TBS関係者)


そこで本誌は、宴席に出席していた面々に事実確認をおこなうことに。まず蓮舫氏。3月9日に国会内で直撃すると、なぜか極度に不機嫌だった。「みのさんと一緒にいらしたんですよね?」というこちらの問いに「知らない」とひと言。


蓮舫、手塚の両氏、そして野田首相には『会った理由』や『費用は誰が負担したか』などの質問書をファックスで送ったが、野田事務所からはナシのつぶて。蓮舫、手塚の両氏からは、なぜかほぼ同時刻にほぼ同じ内容で「そのような事実はございません。お会いしておりません」との回答があった。


キーパーソンのみの氏にも自宅前で2度にわたって直撃取材を試みたが、送迎のハイヤーは本誌記者を無視して走り去った。みの氏の個人事務所は「担当マネージャーは『3月2日の夜は、みのと一緒ではなかったが、(本誌の指摘は)間違いじゃないでしょうか』と言っています」とだけ答えた。だが、あるTBSの幹部社員はこう断言する。


「3人の国会議員の宴席に、みのさんが同席していたことは間違いない」


(週刊FLASH3月27日号)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング