辛坊治郎 生レバー販売禁止の次は「卵かけご飯が規制される」

投稿日: 2012年04月17日 00:00 JST

辛坊治郎 生レバー販売禁止の次は「卵かけご飯が規制される」

3月30日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は、生レバーの販売を禁止する方針を打ち出した。その後、4月12日に内閣府の食品安全委員会は厚生労働省の規制案を了承。このままいくと今年6月には日本国内での生レバー販売が全面禁止になる見込みだ。違反した場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金になるという。


「1年前の焼き肉チェーン店でユッケを食べた人が、次々と腸管出血性大腸菌O111の犠牲で亡くなった大規模食中毒事件がありました。その事件のとばっちりを受けたのが生レバーです。厚生労働省のチームが牛肉を調べたところ、牛肉の肝臓の中からO157が発見されるケースがあり『普通の肉と違って、レバーは表面だけ削ってもダメ!』となったんです」


そう指摘するのは、ニュースキャスターの辛坊治郎氏だ。今回の決定は国民ためを思っての措置ではない。厚生労働省の役人が責任逃れのため、とりあえず絶対安心な『全面禁止』にしたのだと辛坊氏は考えている。


「こうなったのには、世間とマスコミの責任もあります。何か事件が起こるたびに、『自己責任』の部分を棚に上げて、行政を叩くのは考えたほうがいいんじゃないでしょうかね」


フグにしても、みんな肝は毒だと知っているのだから、行政は「フグの肝は毒ですよ」と周知徹底させ、ほかの食材との混入を防ぐ措置を義務づければ、それでも食べたい人が食べるのを禁止することはないと辛坊氏。


「延べにすると年間おそらく何百万人が口にして、そのなかでほんの数人が犠牲になる生レバーでしょう。こんなことを禁止しはじめたら、たぶん毎年、生レバーと同じくらいの頻度で起きている生卵による食中毒にだって、規制の網をかけなくちゃいけなくなりますよ」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング