橋下徹の半生を追い続けた作家「彼は田中角栄以来の逸材」

投稿日: 2012年06月06日 00:00 JST

橋下徹の半生を追い続けた作家「彼は田中角栄以来の逸材」

『橋下市長の亡くなった実父は暴力団員だった』。上原善広氏が昨年11月、月刊誌『新潮45』に執筆したルポは反響を読んだ。週刊誌なども後を追い、その後の橋下氏と週刊誌とのバトルのきっかけとなった。しかし上原氏に橋下氏から直接の抗議や反論はなかったという。

 

「精神科医でもある野田正彰氏が、同じ雑誌に書いた精神分析には過剰に反応していましたけどね。医学という権威を持つ学者の言ったことは気になるタイプなんでしょう。ポピュリズムに徹しているので、社会的影響力のある週刊誌には噛みついたんです」

 

橋下氏のケンカの売り方には特徴があると上原氏は話す。

 

「府の教職員が国歌を斉唱しているか口元をチェックしたり、市職員の入れ墨にこだわったりと、とても細かいことを持ち出して論理を進めていく傾向があります。大衆やマスメディアがどういうところに食いついてくるのかを肌で知っている。そういう意味では天性のアジテーターですね。テレビタレント時代、いつもノートを取って話術を学んでいたと聞いています。最初から政治家になろうと思っていたんでしょう」

 

上原氏は、ルポの中で橋下氏の複雑な生い立ちやねじれに満ちた青春時代をたどった。だが、その出自は現在の橋下氏自身の生きざまにほとんど影響を与えていないと上原氏は断言した上で、政治家としての資質をこう評する。

 

「彼の出自と現在の彼自身のあり方は関係がない。さわやかな風貌や人を惹きつける弁舌からは、暗く厳しかった家庭環境をまったく感じさせませんよね。そういったものを超越してしまっているんです。大阪弁をしゃべらない人が府と市のトップになった。彼がいかに突き抜けたスターであるかという証です。その弁舌といい、叩き上げ度といい、田中角栄以来、50年に一度の政治家じゃないでしょうか」

 

(週刊FLASH6月19日号)

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング