ハイブリッド弁護士のお悩み相談「夫のフィギュアが目ざわり!」

投稿日: 2017年05月15日 11:00 JST

image

 

本誌のドキュメンタリーページ『シリーズ人間』に登場し、「あのキレイだけど押しの強い弁護士はナニモノ?」と、巷をにぎわせた仲岡しゅん弁護士。その正体は、男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士!大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士は、悪を許さぬ正義感と、美貌に似つかぬ義理人情を盾にして、法律を武器に日々奮闘中。そんなハイブリッド弁護士がトラブルをシュッと解決!

 

【今回の相談】「夫の趣味は美少女フィギュア収集。数百体がリビングを占拠中です。『もう増やさないで』と頼んでもコソコソ購入を続ける夫を腹に据えかね、内緒で毎週1体ずつ処分してやりました。が、そのことに気づいた夫が激怒。『訴えてやる』と息巻いています。夫のモノを捨てると、罪になるでしょうか」(40代女性・主婦)

 

【回答】「厳密に言うと夫婦間での器物損壊は刑罰の対象になってしまいます」(仲岡しゅん)

 

フィギュアという趣味自体にはおのおの好き嫌いあれど、何事も極端なのはいけませんわね。かといって、勝手に捨ててしまうのもよろしくありません。

 

そこで、まずは刑法上の問題です。たとえばこれが窃盗の場合なら、「親族相盗例」(刑法244条1項)といって、配偶者間での刑罰は免除されるんです。ところが、器物損壊罪(刑法261条)の場合、「親族相盗例」の適用がなく、刑の免除がありません。したがって、厳密に言うと夫婦間での器物損壊も刑罰の対象になってしまいます(ただ、実際には、夫婦間での器物損壊では、警察もなかなか取り合わないでしょうけど)。

 

また、民事上は、たとえ夫婦間であったとしても、損害賠償請求は可能ですから、相手から訴えられる、ということもありえます。ただ、これも実際には、フィギュア程度でそこまでしてくれる人はあまりいないでしょう。訴訟費用や弁護士費用のほうがお金がかかりそうです。

 

では、フィギュアではなく、プレミアモノのギターだとか、ブランドモノの時計だとか、高価なものを捨ててしまった場合だったら?その場合、損害額が大きいわけですから、相手が訴訟で損害賠償請求をしてくる、ということもありえます。実際、離婚していない夫婦間での訴訟というのも目にしたことがありますから。

 

ただ、そうなってしまった場合、婚姻関係を続けるのも事実上困難でしょうから、いっそ離婚について話し合ってみたほうがよろしいんじゃないかしら。そして話し合いの場では、「私と美少女フィギュアと、どっちが大事なん?」と聞いてみるんです。

 

それでやっぱり相手が「一時はカッとなったけれど、やっぱり一緒にいよう」となったらば、それはそれでよし。他方、貴女よりフィギュアのほうが大事だと言われてしまったら?そのときはもう、スッパリ別れたほうがいいですわよ。貴女よりフィギュアのほうが大事な男と一緒にいるのは、大事な人生の時間の損失です。フィギュアより貴女のことを尊重してくれる男はいくらでもいるはずです。

 

わたくしだったら、そうします。

【関連記事】

【新連載】男と女のハイブリッド弁護士がトラブルをシュッと解決!

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「猫の親権は法律で取れる?」
ハイブリッド弁護士のお悩み相談「息子が高額セミナーに…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング