美智子さまの”親友”が明かす「皇后さまの知られざる慈愛」

投稿日: 2013年01月03日 07:00 JST

 

美智子さまの”親友”が明かす「皇后さまの知られざる慈愛」

「いつのまにか、皇后さまが私の車椅子を押してくださっていたんです」と、感激を語るのは『ねむの木学園』園長の宮城まり子さん(85)。


1211日、美智子さま(78)は学園創立45周年を記念して開催されていた『ねむの木のこどもたちとまり子美術展』を鑑賞された。ご案内役の宮城さんは3年前に転倒して以来、車椅子を使用している。美術展会場では学園の女性が、宮城さんの車椅子を押していたのだが――。


「美智子さまが女性に、そっと目配せなさって、車椅子のハンドグリップを握られたんです。自然な物腰でいらしたので、ご説明に夢中になっていた宮城さんは、初めのうちは気づいていませんでした」(美術展の関係者)


美智子さまと”親友”の宮城さんの交流は36年前にさかのぼる。宮城さんによれば、「’76年に、当時は皇太子妃でいらした皇后さまから、『学園の子供たちの絵を見せていただけますか』というお話があり、参内いたしました。東宮御所の応接室で絵を広げるたびに、『まぁかわいい!』『きれい!』と褒めていただいて。そういえば、真っ赤な花の咲くねむの木を頂いたことがありましたね」


美智子さまの美術展ご鑑賞は、’07年の学園40周年美術展以来のことだった。実は5年前には、園生がお帰りになる美智子さまを追いかけていって、『皇后さま、帰っちゃイヤです』と、お車に乗り込んでしまったハプニングもあったという。


「今回は、私が寂しくなって、『帰っちゃイヤです』と申し上げたら、『ごめんなさいね。次の予定があるのよ』って」。そして、お別れのとき美智子さまは、腰をかがめ、両手で宮城さんの手を握りしめられた。


「こんなに長い間手を握っていただいたのは初めてでした。私のほうが年上なのに、甘えてしまって恥ずかしいですね。いま思います。本当に皇后さまは”日本のお母さん”だと……。車椅子も握手もすべてがお優しく、うれしかったですね」

 

【関連記事】

両陛下 交流49年…沖縄ご訪問の陰に「豆記者との感動の再会」

美智子さま 15カ月間耐え続けていた”リハビリ苦闘”
美智子さま 踏みにじられた日韓友好に傷心「26年前の悔恨が…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング