サッチャー氏 死してなお世論を二分した「鉄の女の言葉」

投稿日: 2013年04月21日 07:00 JST

4月8日、マーガレット・サッチャー元英国首相が87年の生涯を閉じた。英国史上唯一の女性首相にして、在任期間は第2次大戦後の同国史上最長の11年。強い意志と、歯に衣着せぬ発言で「鉄の女」(Iron Lady)と呼ばれた女性だ。

 

英国の経済を復活させ、冷戦終結の立役者となったいっぽうで、経済格差を広げ、労働者階級には深く憎まれた。今回は、逞しく生き、闘いぬいたサッチャー氏の人生を、その言葉で振り返る。

 

「食器を洗って、一生を終えるつもりはないの」

‘51年、26歳のときに事業家デニス・サッチャー氏からプロポーズを受けて。デニス氏も「だからこそ君と結婚したいんだ」としゃれた返答。

 

「子供たちに教えるべきこと。それは他人と同じことをするのではなく、自分で考え、決めるように促すことです」

‘53年、男女の双子、キャロルとマークを出産。’91年に来日した際、『徹子の部屋』に出演し、子育てに話が及んだとき。

 

「私はコンセンサス(同意)を求める政治家ではない。信念の政治家です」

‘75年に保守党党首に選出されて。キャリアアップしても、決して妥協を許さないスタンスを貫いた。その姿勢を見て、旧ソ連の指導部が「鉄の女」と呼んだ。

 

「これまでもずっと、戦いの日々でした。男に見くびられながらね」

‘79年5月、54歳で英国初の女性首相となる。’82年のフォークランド紛争では、反対派の意見を押し切って軍隊を派遣し、戦う決断を。交渉重視の米国の国務大臣に向かってこう啖呵を切った。

 

「女性運動を声高にやる人は嫌いです。人間は能力で決まる。男女の別に関係なく」

‘80年代、女性の地位向上を求める声に対して。「強者を弱くすることによって、弱者を強くすることはできない」とも語り、社会を豊かにするためには個人の努力が必要だと主張。

【関連記事】

韓国初女性大統領パク・クネ「特権意識持つな」と亡き母

レーガン元大統領の娘がレズビアン小説を出版
近藤真彦 結婚を実現させた「黒柳さんの手紙」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング