第15回「11月の味覚は『いも・なんきん』より、とにかく『栗』!」~マダムミキのパリの食・デザイン365日

投稿日: 2016年10月25日 00:00 JST

image

秋は「いも・栗・なんきん」。

 

女性が好きなものの代名詞としてよく使われる言葉ですよね。出どころは諸説あるようですが、「とかく女の好むもの芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」という井原西鶴の節から広まったのだろうといわれ、それが女性の好きな秋の味覚、「いも・栗・なんきん」へと変化したようです。

 

私も例にならい、いも栗なんきんが大好きなわけで。秋になると、あれもこれも食べたくなってしまいます。フランスで秋のスイーツといえば、なんといっても「モンブラン」でしょう。

 

image

左:老舗「アンジェリーナ」のモンブランは、安定のおいしさ。

右:日本人パティシエMORI YOSHIDAさんによる、ドレスのようなモンブラン。

 

フランスでも、モンブランはとりわけ女性に人気があるようです。あるとき招待されたディナーに、「フランス人はみんなモンブランが好きだろう」と思い込んで多めに買っていったところ、「僕はモンブラン、そんなに好きじゃないんだ」と、男性同士でサントノーレ(シュークリームと生クリームがたっぷりのったケーキ)の取り合いになってしまう……という事態が発生しました。日本でもフランスでも、国境をまたいで男性はなぜ、いも栗なんきんに興味がないのか? 不思議でなりません。

 

モンブランに目がない私は、秋になると必ず有名パティスリーをめぐって食べ比べをします。「モンブランといえば」のアンジェリーナは、マロンクリームがあんこのよう。和生菓子のようにぽってりと甘~いマロンクリームが、生クリームとメレンゲ菓子を包んでいます。大きさは日本のモンブランの1.5倍はあるかもしれません。これをぺろっとたいらげるフランス人はさすがだな、と常々感心しております。そして、このモンブランを食べながら、これまたアンジェリーナ名物の超濃厚ココアを飲んでいる人を見かけると、見ているこちらが鼻血を出しそうになります……。

 

また、最近は、モンブランにカシスや柑橘系のものを合わせるのがはやり。けれど、私はこれがあまり好きではなく、栗は栗の味だけで楽しみたい。パリで活躍する日本人パティシエMORI YO-SHIDAさんの、甘すぎず、栗をしっかり味わえるモンブランがとても好みです。

 

image

左:FAUGIERのマロンクリーム。ずっとサルだと思っていたマスコット、よく見たら栗坊やだった。

右:フロマージュブランにマロンクリームをかけて食べるのがフランス風。

 

フランスではモンブランに限らず、栗のペーストを使ったデザートがたくさん存在します。フランス土産の定番として有名なマロンクリーム「FAUGIER」は、目にしたことがあるかたも少なくないと思います。

 

では、このマロンクリームをどうやって食べるのでしょうか。

 

パンに塗って食べたりしてもおいしいですが、フランス人はこのマロンクリームを「Fromage blanc (フロマージュブラン)」に添えていただきます。フロマージュブランとは、フランス語で「白いチーズ」という意味。でも、味はチーズというよりクリーム。デザートとしていただくことがほとんどです。ヨーグルトより酸味ひかえめで、生クリームよりあっさりしている、ふたつのちょうど中間くらいのもの。私はこのフロマージュブランの、ヨーグルトよりなめらかな口当たりが好きで、マロンクリームと合わせるのみならず、はちみつをかけたりナッツ類を加えたり、年じゅう食後のデザートとしてアレンジを変えて楽しんでいます。日本ではフロマージュブランを見かけないので、マスカルポーネチーズなどで代用すると、立派なデザートになると思います。

 

image

左:びっしりと並ぶ種類豊富なかぼちゃ。でも全体的に水くさく、日本のほっくりしたおいしさのかぼちゃとは別物。

右:スープにするとおいしいかぼちゃも、やはり男性陣からは不評。

 

フランスのさつまいもやかぼちゃは水くさく、お菓子にしても全然おいしくありません。最近やっとフランスでもハロウィーンを楽しむ習慣が定着してきたため、かぼちゃは〝「ジャックオーランタン」をつくるためのもの〟として、子供たちから慕われるようになりましたが……。

 

フランスの秋は栗! 栗に集中し、いろいろなデザートを楽しみたいものです。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

マダム ミキ(モーリヤック・ミキ)

大阪からパリに移り住み14年。大学で美術史を専攻、パリのCHRISTIE’Sで勉強後、主婦になり、ママになり……今に至る。コーディネート、通訳など、気ままなフランス人を相手に奮闘しています。
 
Instagram:@madamemiki
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング