第101灯 やっとわかった冬の電力自給生活が苦しいワケ。答えはバッテリーの特性にあった!

投稿日: 2017年02月28日 17:00 JST

image

 

オフグリッド生活を始めてから3回目となった今年の冬は、ありがたいことに晴天続きで暖かく、暖房器具を使い過ぎて電力ピンチに陥ることなく過ごせています。しかも、毎日土に触れて太陽をたっぷり浴びて自然のリズムで生きるようになったからか、カラダが頑丈になって寒さに強い体質になったことを実感しています。今年は電氣ストーブを箱から出すこともなく、このまま冬が終わってしまいそうです。床暖房も3回しか使わず、寒いときはエアコンを少しつけるくらい。人間の順応力ってすごいですね!と言っても、早朝は氷点下になって外の水道はカチコチに固まってしまうくらい寒いわが家。陽が落ちた後の寒さはなかなかのもの。そんな冬のあいだは、サトウ家の必須アイテム「こんにゃく湯たんぽ」を抱えてサッサとお布団に入ってしまうにかぎります(笑)

 

image

※こんにゃく湯たんぽについては 第52灯 をお読みください。

 

さて、そんな珍しく穏やかな冬の電力自給生活なのに、不思議な現象が起きました。バッテリーの減りが異常に早いのです。使った電力量と減る蓄電量のバランスが明らかに合いません。日中のあいだにしっかり充電されるのに、日没後からどんどん減って、翌朝にはビックリするほど少なくなっています。蓄電量が想定よりもずっと少ないとなると、これは電力完全自給している者にとっては死活問題!夫もわたしも首をかしげていた矢先に、昨年オフグリッド仲間になったTさん(詳しくは第78灯をお読みください)から、同じ理由でお困りであるご連絡をいただきました。そこで、独立発電に興味がある人たちが集うSNSコミュニティに、この問題を相談してみることに。すると、全く知らなかったバッテリーの真実を知ることになったのでした!

 

image

【1】温度が低いと電池は電圧降下する

鉛蓄電池は寒さで化学反応が鈍化してしまう。電氣自動車でも、夏場と冬場の走行距離を比べると2割ほども違いが出る。ちなみに、バッテリー容量として表示される「〇〇kWh」とは、25℃条件の値。

 

【2】異常なバッテリーがひとつでもあると電圧降下する

幾つもバッテリーを連ならせている場合、そのうちのひとつが劣化していたり壊れたりしていると、充電率が下がってしまう。テスターでひとつひとつのバッテリーをチェックして、2V程度出ているか確認する必要がある。

 

【3】バッテリーが経年劣化すると電圧降下する

バッテリーが劣化して電極にサビがつくと、充電効率が落ちてしまう。液式の鉛バッテリーは、再生剤を投入して蘇らせることでまた充電効率が上がる。

 

【2】・【3】は知っていましたが、【1】の温度と充電効率の関係は全く知りませんでした。オフグリッド3年目にして、冬場の電力自給が厳しい理由をやっと突き止めることができました!なるほど、寒さで充電効率が落ちるゆえに蓄電量が少なくて、「足りない!厳しい!」と感じていたのですね。電氣のことはド素人のわたしたち夫婦。専門の方や詳しい方にいつも教えていただいて、ありがたい限りです。メンバーのおひとりが、「発電機を持っていきましょうか?サトウ家の〝オフグリッドの灯〟を消さぬよう、いざとなればみんなで支えますよ!」とおっしゃってくださったときには、人の優しさに触れて思わず涙ぐんでしまいました。

 

バッテリーたちが寒さに弱いことを知らずに、なんの理解もなく使っていたことを反省しました。寒いなかがんばってくれていたことを知って、ますます愛おしさを感じます。そして、もし問題を抱えているのであれば、すぐに解決しないといけません。さっそく夫が【2】の問題がないか、テスターを使って測定してくれました。

 

image

バッテリー24本の電圧を測定してみたところ、全て2V強の電圧があったので問題ないことがわかりました!ホッと一安心です!

 

そして、【3】の問題を抱えていそうなわが家のバッテリー。前回再生剤であるITEアクティベータを投入したのが1年半前なので、確かに経年劣化は進んでいそうです。第29灯を読んでいただくとそのときのテンヤワンヤが分かるのですが、再生剤を投入するとバッテリーから泡が噴出してとにかく大変だったんです(汗)あの思い出からもう2年近く経つのかと回想しつつ、この度も自給エネルギーチームから購入させていただいてメンテナンスすることに。

 

数日後、ITEアクティベータAタイプが届き、封を開けて案内を読んでみると、衝撃的な事実に遭遇してしまいました。

 

「Pタイプはフォークリフトバッテリーには投入しない!泡が立ってしまいます!」

 

image

 

わが家のバッテリーは、以前フォークリフトに使われていた鉛バッテリーのリサイクル品。そして、前回投入したのはPタイプ。だからあんなに泡が吹いたんですね!あの惨事の報告がきっかけとなって、フォークリフトバッテリーとPタイプが合わないことが判明した模様。サトウさん家は何かと実験の場となることが多いのですが、こうしてお役に立つことができることは喜ばしいことです(苦笑)

 

再生剤を投入すると、電圧の下がる率が緩やかになりました。やはりバッテリーの劣化が進んでいたようです。これからはどんどん気温も上がっていくので、充電効率も一緒に上がっていくはず!本格的な春が待ち遠しい今日この頃です♪

 

 

☆トークイベント情報☆

東日本大震災から6年を迎える3月11日(土)に、横浜でオフグリッドについてお話しさせていただきます。絶望が希望に、不安が安心に、諦めが意欲に変わるような、そんなお時間にしたいと思っておりますので、ぜひともご参加くださいませ。

日時:3月11日(土)14時~16時
場所:YMCA横浜ACT(横浜駅西口から徒歩3分)
詳細とお申込みにつきましては、こちらのリンク先をご覧ください。
http://www.yokohamaymca.org/program/20170311li00.html

 

 

☆ソーラークッカー「エコ作500」の購入情報☆

本体価格8,700円(税込み9,396円)と送料に、サトウチカのお日さま料理レシピを無料でおつけして販売しております。購入をご希望の方は必要事項をお知らせのうえ、下記のメールアドレスまでご連絡くださいませ。折り返しご連絡させていただきます。

 

<必要事項>

(1)お名前
(2)郵便番号
(3)ご住所
(4)お電話番号
(5)ご希望のお日にち・時間帯
(6)領収証の有無

 

<メールアドレス>

mail.greennote@gmail.com

【関連記事】

太陽光と蓄電池で…「電力自給」で暮らす夫婦に学ぶ知恵

太陽光、風力…電気代高騰の今だから“わが家発電のすすめ”
総額500万円…日本初“完全自家発電”のお宅を訪問してきた

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

サトウチカ

自然療法士。メディカルハーブ、アロマセラピー、フラワーエッセンスなどの植物療法を中心に、自然なもので健康なカラダやココロを育む大切さを伝えています。2013年9月に神奈川県横浜市の森や畑や田んぼで囲まれた長閑な場所で、エネルギー(電氣)は完全に、食糧(お野菜)はできるかぎり、自分のお家でつくる自給自足生活をスタート!
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ヒョンシク語る防弾少年団、SHINeeメンバーとの共演2017.09.19

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERSの今回のゲストは、俳優としてメキメキと頭角を現すパク・ヒョンシク(25)。ヒットドラマ『相続者たち』、『家族なのにどうして~ボクらの恋日記...


ランキング