蛭子能収のゆるゆる人生相談「虐待なくすには…」

投稿日: 2014年07月27日 07:00 JST

長崎県に生まれ、看板店、ちり紙交換、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家になった蛭子能収(66)。これまで人から相談を受けたことは皆無だったという彼が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「幼児虐待のニュースに胸を締めつけられています。私たちには子どもはいませんが、そんな親がいることが信じられません。どうしたら事件がなくなるのでしょうか?」(丸川育代さん・47・パート・福岡県北九州市)

 

【A】「子どもを虐待する親は“病気”として捉えるべき」(蛭子能収・66)

 

抵抗できない子どもを虐待する親は、人として発達していない、人間になる途中の人だと思いますね。たしかに子育ては本当に大変で、夜泣きをすると腹立つんですよね。あやしても泣きやまずに、締め切りを抱えていたりするとたたきたくなる気持ちはわかります。

 

でも、それを、グッとこらえないといけないんですよ。そのこらえる方法が難しいですよね。怒りの感情を抑える薬とかあればいいのに。それを飲めば、ホワ~ンとなるような。とにかく、この問題は、本当に愛情とか愛という問題ではなく、病気としてとらえたほうがいいと思うんですよね。

 

オレは、もう孫が何人かいるけど、近所に住んでいる孫はかわいいですよ。遠くに住んでいる孫は、たまにしか会わないからよくわからないけど。ただ、孫の名前が全員覚えられないんです。難しい名前をつけすぎなんですよ。

【関連記事】

「虐待する大人も救いたい」自らの経験語る女性の思い

遠野なぎこ 虐待で絶縁した実母が“焼身自殺未遂”か
非常識行動でネットを炎上させる”未熟母”急増中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング