働かずに生きていく…ニートが集まるシェアハウスとは

投稿日: 2014年08月28日 16:00 JST

会社員として安定した生活を送るより、お金はなくても好きな時間に好きなことをできる生活のほうが、自分にとっての「豊かさ」だーー。

 

一昨年上梓した初の著書『ニートの歩き方』が話題となったPha(ファ)さん(35)。ニートの定義である34歳を昨年超えてしまったが、現在も定職を持たずに暮らしている。

 

そんな彼が働かなくても生きていく手段として提唱したのが「ギークハウスプロジェクト」というシェアハウス。ギークとはパソコンやネットが好きな人という意味で、Phaさんがまさにその1人。

 

「既存のシェアハウスを転々としたこともあるのですが、こういうところに住む人は、みんな総じて“コミュ力”が高い。いっぽう僕は、ネットで言葉をつづることはできても、対面でしゃべるのはどうも苦手。だったら、自分の居心地のいいシェアハウスを作ろうと思ったんです」

 

人見知りだけど、一人で住むのは寂しい。家賃をまるごと払うのも大変……自分と似たような「ギーク」を集め、ギークハウスは’08年、南町田の3LDKでスタートした。

 

同世代の男子が4人、互いにパソコンに向かってプログラミングをしたり、マンガを読んだりして過ごす「ダラダラしたシェアハウス」。その「ゆるさ」がネット上で話題になり、国内はおろか海外にも進出。男女共同、マンションタイプなどさまざまな広がりを見せた。

 

「まあ、それで僕にお金が入るわけではないんですけど、旅行ついでによそのギークハウスに泊めてもらったりして友達が増えましたね」

 

その後Phaさん自身は、ギークハウスを南町田から東日本橋の一軒家に移し、さらに現在は練馬区の一軒家へ。4人の同居人と3匹の猫と共に、ゆるゆると暮らしている。その一方で、昨年からはなんともう一軒、家をシェアし始めた。熊野古道にほど近い和歌山県新宮市。東京からクルマで11時間もかかる山奥に、友人と2人で家を借りたのだという。

 

「刺激のある都会と、静かで自然が多い田舎、両方に拠点を持っていることで生活に広がりも出ました。自分だけで家を持っていてももったいないし、みんなで使えば人が集まって面白い。いよいよお金がなくなったら熊野で暮らせばいいという、セーフティネットにもなっているんです」

 

現在は東京と熊野を気ままに行き来する毎日。若者と地元のお年寄りとのつながりも生まれつつあり、過疎化する田舎の活性化につながることも、期待しているという。

【関連記事】

究極の癒し生活…”ニート婚”妻が幸せを感じるワケ

爆笑問題・太田“遊びながら成長”をかなえたニート婚
「35歳以上の未婚女性は結婚確率2%」と国勢調査で判明

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング