石清水八幡宮・田中宮司に教わる「神さまとお近づきになる習慣」

投稿日: 2014年10月08日 07:00 JST

「毎朝、私たちが顔を洗い歯を磨くことは、心身を清める、ある意味『禊』です。暮らしのなかの何気ない行動や考え、言葉には、神道と密接につながっているものが多いのです」

そう語るのは、日本三大八幡宮のひとつで、平安時代からの歴史を誇る石清水八幡宮(京都府八幡市)の宮司・田中恆清(つねきよ)さん。田中宮司は全国8万の神社を包括する「神社本庁」の総長でもある。

 

身近にありながら意外と知られていない、神道について綴った田中宮司の著書『神さまが教えてくれた幸運の習慣』(幻冬舎)が話題だ。田中宮司によれば、日常生活は“神さまとのつながり”を築く機会にあふれていて、それら一つひとつの習慣は、人生を好転させるきっかけになりうるという。今回は、田中宮司に、“神さまとお近づきになる”そして“幸せを導く”ための考え方を教えていただいた。

 

「神道の原点は自然崇拝です。『共生』(ともうみ)といい、自然の働きのなかに神々をみとめて畏れ敬い、自分たちも自然の一員であるという考えが根付いています。さらにご先祖たちは、『物と者は同じ。物にも心を添えて』と伝えてきました。これは『物も大事にしなさい』ということ。倫理や道徳として身にしみこませ、代々家族で引き継いできた伝承が、核家族化が進んだことで断絶しかけています」

ご先祖とのつながりを、今こそ、引き継いで伝えることが大切だと、田中宮司。

 

「うちの神社にも、お正月など繁忙期に学生さんがアルバイトにきます。最初は茶髪にピアスをしていたりしますが、身だしなみを整え、お辞儀の仕方や、礼儀作法の基本を教えると素直に覚えてくれます。親御さんからも、『うちの子が変わりました』と、感謝の電話をいただくことも。みなさん、古来から受け継いできたことを『どんな意味があるの?』と、とても知りたがっているように思います。残念ながら現代では教えてくれるところがなかなかありません。『人は見た目』といいますが、体を清めて、言葉と姿勢をよくして心を整えることで、よい気を呼び込み、幸運を招くきっかけになるのです」

 

日本には、言葉に魂が宿る「言霊信仰」も息づいている。

「『ありがとう』『失礼します』といった、日本語のあいさつには、心を開いて相手に迫る、という意味があります。これが積み重なると、心と心のつながりになっていきます。『おかげさま』にも、神さまや、家族、ご先祖、周りのいろいろな人の“おかげ”をこうむり生かされていることへの気づきと感謝が入っています」

 

人は亡くなると、先祖として、八百万の神とともに家の守り神となり、子孫を見守っていくとも伝えられている。

「『敬神崇祖』は、神さまを敬い先祖を尊ぶという意味で、神さまとご先祖は一体であると考えられてきました。遠い昔のご先祖がいたから、私もあなたもいるのです。もし連綿と続く歴史のなかで、たった一人でも欠けていたら、今ここに存在していません。ですから生まれてきたことだけでも奇跡、生きていることはもっと奇跡なのです」

 

とはいえ、人生はよいことばかりが続くわけではない。

「悪いことだけの人生もありません。苦しいときの神頼みでもいい。家族、友人を頼るように、神社を心の拠り所にしてほしいですね。『穢れ』とは、心身に流れる生命力の“気が涸れる”ことです。神社は、失せた気を取り戻す場所です。感謝の気持ちを持って懸命に生きる人を、神さまは必ず見守ってくださいますよ」

【関連記事】

美輪明宏が語る“人生をうまく生き抜くコツ”とは

スピ系のプロも癒される「人生を変える沖縄料理店」があった

お経は本当にありがたいのか?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング