ギャンブル、買い物…依存性から回復する5つのステップ

投稿日: 2014年11月03日 13:00 JST

関連キーワード

「私も夫も苦しんできました。でも、必ず回復の道は開けますーー」と話すのは、祖父も父も、結婚相手もギャンブル依存症で、自身は買い物依存症と、依存の連鎖を体験した田中紀子さん(49)。現在はその体験をもとに、一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」の代表を務める。

 

田中さんが夫の恵次さん(44)と出会ったのは20年前。生活費を稼ぐために違法と知らずに働き始めたカジノバーに、すでに店員としていたのが恵次さんだった。高校のころからパチンコやマージャンにハマり、大学で競艇に夢中になった恵次さん。卒業試験も競艇ですっぽかし、親にも勘当され、当時すでに立派な“依存症”だった。

 

「でも、当時はギャンブル依存症なんて言葉もない。私もすっかりギャンブルにハマり、2人でのめりこみました」(紀子さん)

 

その後、共に転職し、結婚、妊娠。紀子さんはギャンブルをやめることができたが、夫はすでに依存症が重症化していた。転機が訪れたのは、’04年。「ギャンブル依存症」という言葉をネットで知り、都内の専門外来に飛んでいった。

 

「夫はギャンブル依存症と診断され、私も共依存(他者に必要とされることで、自分の存在意義を見いだすこと)だと言われました。回復するには自助グループに行くしかないと、医者に言われたんです。ほかに手立てもないので、参加しました」(紀子さん)

 

そこで勧められたのが、依存症から抜け出すためのステップ。その内容は次の通りだった。

 

【ギャンブルに対して無力であることを認めること】【過去のつらいことや悲しいことを書き出すこと】【自分の過ちもすべて書き出すこと】【生き方を変える決心をすること】【自分の過ちで傷つけた人たちに謝りに行くなど、埋め合わせをする】

 

これを日常生活でも繰り返していく。何か嫌なことがあったときも、事実と向き合い、するべき正しいことをする。そうして、自己肯定感につなげていくのだ。いまはIT系の制作会社を経営する恵次さんとともに週に2回の自助グループ通いは欠かさない。

 

「依存症に回復はあっても完治はありません。忙しくなるとイライラして、今も魔が差してしまう。そんなとき歯止めをかけてくれるのが、共に支え合ってきた仲間たちなんです。今日もギャンブルをしなかったという積み重ねの連続です」(恵次さん)

【関連記事】

蛭子能収に人生相談「ギャンブル好きの夫が借金を…」

倹約家なのは? ギャンブル好きは?…「お金感覚県民性」クイズ5

元通訳語る「巨人軍選手が興じた“高級ギャンブル”」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング