個人情報漏洩、依存性…ジョブズも懸念したスマホの危険性

投稿日: 2014年11月10日 08:00 JST

「自分の子供には、テクノロジー機器を使う時間を制限している」

 

iPhoneの生みの親で、’11年に死去したスティーブ・ジョブズは生前、そう発言していたとの記事が、9月にアメリカで紹介された。開発者自身も懸念していたスマホの危険性とは? ITジャーナリストの三上洋さんによれば「ひとつは個人情報の漏えい。もうひとつは依存症の問題です」とのこと。

 

個人情報の漏えいでもっとも身近なのは、電話帳の流出。スマホではアプリを介し電話帳のデータが、どんどん利用されてしまうのだ。

 

「LINEやfacebook上で、何年も音信不通の元カレや親戚の名前が『知り合いかも?』と表示されること、ありませんか?これはスマホが、電話帳に入っている番号を頼りに、同じ番号を登録しているSNS利用者を勝手に探し出しているのです」(三上さん)

 

さらに、アプリを悪用した悪質な手口もある。4月、広島県で40代の男性が、元交際相手のスマホに遠隔操作アプリを入れ、日常生活を監視していたとして逮捕された。スマホはさまざまな機能を持っているため、持ち主の生活に関するあらゆる情報が入っている。流出した場合の被害は計り知れない。

 

「もうひとつの問題、とくに子どもの間で深刻なのが、LINEなどのSNS依存。リアルタイムでつながれるため、際限なくスマホに向き合ってしまうのです。ただしこれには、いじめの被害者にとってSNSが逃げ道や相談相手になっているという、よい側面もあります」

 

三上さんは、スマホを取り上げるのではなく、時間を決めて使うことを提案する。

 

「愛知県刈谷市では、市内の全小中学校を対象に、夜9時以降のスマホ禁止を打ち出しました。止まらないやりとりを断る口実としては、割といいルールなのでは?」

 

ただし、子どもだけ禁止して、親が夢中では意味がない。親子で「スマホレス」の時間を作ってみるのもいいだろう。

【関連記事】

知らないうちに…「スマホ写真流出」の意外な罠

“スマホやりすぎで失明”を防ぐ簡単眼筋ケア
「“スマホに熱中”が健康面へ悪影響」と医師が語る理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング