中国を黙らせる日本防衛“最後の守護神”F-35戦闘機が空母着艦に成功

投稿日: 2014年11月12日 17:00 JST

「F-35は導入まで時間がかかったが、いったん動きだせば画期的なものになる。リンク16という通信機能が搭載されていて、北から南まで世界中の状況が一発で把握できるし、すべての情報が一元化される。アメリカとタッグを組んで中国を排除できるでしょう」

 

そう語るのは、元空将で軍事評論家の佐藤守氏。先週3日、最新鋭のF-35型戦闘機が、初めて米空母への着艦に成功した。これは日本の防衛を考えるうえで大きな出来事なのだという。フォトジャーナリストの柿谷哲也氏は、次のように解説する。

 

「F-35には3種類あって、今回、空母に着艦したのは海軍用のC型です。日本は、陸から飛ぶA型の導入がすでに決まっています。私としては、A型に加え、垂直離着陸ができるB型を導入すれば、対中国の防衛にかなり役立つと考えています」

 

これはいったいどういう意味なのか。

 

「いま、中国は練習用の空母『遼寧』1隻しか持っていませんが、今後、国産空母を建造し、4隻体制にする計画です。もし中国の空母が日本近海までやってくれば、東京を防衛するのはかなり困難なのです」(柿谷氏)

 

戦闘機のスピードは、想像以上に速い。マッハ1.8なら、およそ秒速600メートル。わずか5分で180キロも飛べるのだ。ところが、東京の防衛は90キロほど離れた茨城県の百里基地だけに依存している。スクランブルしたときには、かなり近くまで敵機が来ている公算が高い。

 

「中国が空母を本格的に運用しはじめたら、F-35Cを積んだ米空母だけでなく、日本も空母で対抗するしかない。じつはいま、護衛艦「いずも」が建造中で来年には就役します。これは護衛艦と呼んでいますが、約250メートルの全通甲板を持った準空母です。これにF-35Bを積めば、中国側もおいそれとは動けません」(柿谷氏)

 

昨年7月、小野寺五典前防衛大臣は「F-35Bの導入計画はない」と会見で語った。だが、すでに中国メディアは日本政府が2020年ごろにF-35Bを「いずも」に搭載し、空母に格上げする計画だと報じている。

 

前出の佐藤氏は「導入したからといって、はい発艦というような簡単なものではない。海自は戦闘機を飛ばした経験がないですし」と言うが、暴走する中国への対処は、早ければ早いほどいいのは間違いない。

 

(週刊FLASH11月 25日号)

【関連記事】

綾野剛「空飛べない…」自衛隊基地ロケ断念させた“持病”

ゼロ戦の生みの親…『風立ちぬ』主人公モデルの激動人生
この時期空き巣が増加…グーグル駆使する「次世代型泥棒」対策を!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング