東大教授・安冨歩が50歳にして“男装”をやめた理由

投稿日: 2015年01月04日 14:00 JST

《中山秀征の語り合いたい人》、今回のお相手は、経験に裏打ちされた歯に衣着せぬ力強い言葉で、メディアから注目を集める“女装の教授”安冨歩先生(51)。東京大学東洋文化研究所の教授が、“男装”をやめたワケを語ってくれた。

 

中山「先日、テレビで初めて拝見しまして、その独特な雰囲気とお話がすごいインパクトでした。先生、これは女装といったらいいんですか?」

 

安富「自分の感覚としては、男物の服を着ていたときよりも今のほうが自然なんですよ。だから特別“女装”をしているのではなく、ごく普通にこういう格好をしているという感じですかね」

 

中山「きっかけって何だったんですか?」

 

安富「もともとウエストがすごく細かったので、学生のころはパンツからシャツが知らぬ間に出てしまって『だらしない!』とよく母に怒られていました。太ってからは問題なく男物がはけたんですが、昨年10キロ痩せたらこれまでの洋服がブカブカになって。体に合うサイズの物を買いに行ったものの、男物だとやっぱりウエストが合わない。そうしたら私のパートナーが『女物をはいてみたら?』と提案してくれ、はいてみたらピッタリ合ったんですよ。しかも、単に体に合うだけではなく、ものすごい安心感みたいなものもあって」

 

中山「へえ〜。自然な流れで」

 

安富「はい。しばらくは、女物だけど男っぽいものを着ていたんですが、どうもそういうことではすまない気がだんだんと強くなってきて。それで女らしい服を着たり化粧をしてみたらもっと心が落ち着いたんです」

 

中山「ちなみにパートナーは女性の方ですか?」

 

安富「はい」

 

中山「先生がどんどん女物を着るようになったことへはどんな反応だったんですか?」

 

安富「私がこういう格好をしていると近所の人が気持ち悪がったりして、彼女も困るんだけど、それ以上に私の心が安定したことのほうがはるかにいいって言いますね」

 

中山「世間がどう見ようと2人でいる空間は楽になった」

 

安富「アハハ。そういうことです。研究者として成功する人間って日常生活がどこかおかしい人が多いんですよ。極端に片付けられなかったり、物忘れが激しかったりとか。私の場合は興味があることについて話し始めると、相手が聞いていようがいまいが無限に同じテーマについて話し続けてしまうところがあって。それがこういう服を着始めたらずいぶんとよくなっていきました」

 

中山「なるほど。無理して女物を着ていたらそうはならなそうですね」

 

安富「ええ。反対に、無理があったのをやめたんです」

【関連記事】

増税議論でボコボコの野田首相「女装するから勘弁して」

話題のセーラー服おじさん コスプレ始めた理由は
デパート化粧品売場の美容部員が見た「芸能人の驚きの素顔」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング