キャスターから医療の道へ アラ50女性の転機レポート

投稿日: 2015年01月26日 07:00 JST

関連キーワード

「妹の具合が日々悪くなっていくなか、療養の環境を向上させたいとの思いだけで医療の道へと進みました。自分の中で頑張れるギリギリの年齢でのスタートでした」

 

同時通訳者からキャスターへ転身、そして伊丹十三監督に抜擢され映画『あげまん』でスクリーンデビューと、華麗なキャリアを重ねてきた石井苗子さん(60)は’97年、聖路加看護大学に学士入学し看護を学ぶ。

 

その後、’02年47歳で東京大学医学系研究科で修士号、そして博士号(保健学)をも取得。現在も東大で研究を続ける。51歳から都内のクリニックでヘルスカウンセラーとして勤務。クリニックで個人の患者と向き合っている。しかも、女優業を維持しながら。

 

これほどのエネルギーの源泉はどこにあるのか。そううかがったところ冒頭のとおり、出発点は「分身のように生きてきた妹のためだけだった」と明かしてくれたのだった。

 

早くに両親を亡くした石井さんは、筋萎縮性側索硬化症という難病を患う実妹を結婚後も自宅で看護。看護の専門性を身に付け手を尽くしたが、後にがんも発症し’10年に他界してしまう。

 

「彼女を看取ってからは、体の半分を持っていかれたみたいな状態でした」(石井さん・以下同)

 

抜け殻のような日々の中、’11年には、あの東日本大震災が起こり石井さんは再び妹への思いを生かす場を与えられた。母校の聖路加と東大を結ぶ懸け橋となりNPO法人日本臨床研究支援ユニット・理事として、東日本大震災被災住民支援プロジェクトに奔走。

 

「訪問看護のエキスパートたち1,075人を被災地に派遣し、来年5年目になります。今後は高齢者だけではなく、若者の健康増進も急務の課題。街づくりというのはそこに住むすべての人の健康増進に努めることですから」

 

最後に、石井さんは今後の生き方について次のように語る。

 

「常に新しい価値観を身に付けようとする姿勢は大切です。前の自分を捨てるのではなく、この年だからこそもっと深い人間になっていかないと、メディアで仕事をさせていただいている身としては失礼だと思うんです。なので、いくつになっても、もっとすごい自分になりたいと思い続けるでしょうね」

【関連記事】

アラ50婚女性が急増中…経験者語る「驚くべき結婚事情」

有名人だけじゃない「アラ50男&三十路女」カップル急増のワケ

美魔女ブーム!?アラ50女性の若作りに「見てられない」の声

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング