ブルボンヌさんに聞くLGBTの疑問「ゲイに生まれてよかったことは…」

投稿日: 2015年03月01日 06:00 JST

雑誌編集者として数々の企画を打ち出し、マツコ・デラックスさんらとゲイカルチャーをけん引してきたブルボンヌさん。女装ライターにしてパフォーマーの“彼”にLGBTにまつわるソボクなギモンをぶつけてみた。

 

――ゲイに生まれてよかったことは?

 

「ゲイに生まれたことで、『“常識”とは何だろう?』と考える、哲学の第1歩みたいな視点を、早く身につけられたことですね。

 

自分が普通から外れている身だからこそ、普通とは何かを切実に考えざるをえなかった。そこから外れているのに普通に追いすがると、自分を否定したり、いたたまれないことになるとわかっていたから、少数者である自分を早くに受け入れることができた。

 

そのことが軸となり、『世の中では何を普通と言ってるんだろう?』とか『普通じゃないことで、どう嫌われたり、幸せになりにくくなるんだろう?』とか、さまざまなことを考えました。

 

とくに異性愛の男性は“王道”に守られやすい存在だから、普通を疑わない人が多い。だから考えずに、簡単に『普通以外』を差別したりもする。私の場合は、ゲイだったことが、生き抜くための考え方を育んでくれたし、自ら掘り下げ、“王道”に整列行進して生きる人々を、横のけもの道から引いた目線で見られたことが、よかったことかしら」

【関連記事】

イン・シンクのランス・バスがゲイの恋人と婚約

マジック・ジョンソンの息子、ゲイであることをカミングアウト
『タッチ』三ツ矢雄二 “ゲイ疑惑”におネエ言葉で回答

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング