地元素材を生かしたジュエリーを発表 31歳福島女性の奮闘

投稿日: 2015年03月11日 06:00 JST

2月17日、東京・国立代々木競技場第1体育館で「rooms」が開催初日を迎えた。roomsとは、インポートのアクセサリーや衣類の販売などを行う「アッシュ・ペー・フランス」が主催する合同展示会。30回目の今年、500ブランドが出展するなか、福島の女のコたちがいた。

 

「このピアスやネックレスは、福島県の川俣町でつくられた『川俣シルク』を天然の水晶に閉じ込めました。川俣町はもともと養蚕がさかんで、齋栄織物さんという地元企業がつくる『フェアリーフェザー』は世界最薄。髪の毛の6分の1の細さの絹糸を、今回は使用させていただいたんです」

 

こう語るのは今回、ジュエリーブランド・HITOTOKIを発表した女子の暮らしの研究所(女子クラ)を運営する、株式会社ガールズライフラボ代表、日塔(にっとう)マキさん(31)。

 

もともとは、地元郡山のコミュニティ放送「ココラジ」でパーソナリティを務めていた。しかし震災後に、女のコたち自身が福島から「暮らしの見直し」について発信する場を作ろうと、女子クラを設立。かわいい女子たちのパワーは、時代の突破口になるという信念のもと、現在の活動に至っている。本誌は、設立直後の’12年からその活動を追っていた。

 

「女子クラも、なんとか自立できるようになりました(笑)。やっぱり大きかったのは’13年に『ふくいろピアス』を発売したこと。ピアスだけで’14年は800万円以上の売り上げがありました」

 

ふくいろピアスとは、会津木綿にアクリル加工を施し「そらのいろ」「たいようのいろ」などストーリーを持たせた8色展開のピアス。通販や復興関連イベントで話題となり、いまや主力商品だ。これがroomsの担当者の目に止まり、昨年9月に初出展。そこでも好評だったことから、アッシュ・ペー・フランスがプロデュースに入り、今回のHITOTOKI誕生にいたった。

 

「日塔さんは『復興、復興!』ではなく、ちゃんとデザインのよいものを出せる人ですし、何より明るくてポジティブ。福島のイメージを引っ張る存在だと思います」(roomsディレクター・石塚杏梨さん)

 

女子クラは、確実に成長を遂げ、彼女たちに注目する人も増加。先日はココラジで、大阪の報道番組『ラジオフォーラム』の出張収録が行われ、そのゲストとして日塔さんが招かれた。

 

「すてきな若い女性が現れましたね。考え方も柔らかいし、商品開発などのアイデアも面白い。こういう人に復興の中心を担ってもらいたいと思います」(『ラジオフォーラム』のパーソナリティ・石井彰さん)

 

しかし、福島には新たな課題も生まれている。日塔さんは言う。

 

「先日、福島第1原発を視察したのですが、『廃炉に向かって進んではいるものの、結局、きれいなところしか見せてもらえなかった』とモヤモヤしていたんです。そこに汚染水漏れのニュースがあって、すごくショックでした。安全かどうかなんて基準は決めてくれなくていいから、本当の真実を教えてほしい。そのうえで私たちが、自分で安全かどうか決めればいい。同時に、誰かが決めた基準に乗っかるのは、とても怖いことだと思いました。自戒も含め、自分で考える人が増えればいいなとも思います」

【関連記事】

『あまちゃん』音楽家・大友良英が語る故郷福島への思い

「福島産を避ける人もうなる食べ物を」作り手たちの決意
福島女子がウクライナで見たチェルノブイリ「事故後26年」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング