米国で毎年死者2千人以上…飲酒による健康トラブル避けるには

投稿日: 2015年04月13日 10:00 JST

「飲酒が原因の死亡者数と死亡率を調べていた米国疾病対策センターが、アメリカでは、毎日6人が、お酒が原因で亡くなっていると発表しました。お酒がきっかけで亡くなるというとアルコール依存症が悪化して、と思われるかもしれません。しかし、この報告ではわずか3割。7割は急性アルコール中毒というのです」

 

そう語るのは、順天堂大学医学部教授で自律神経研究の第一人者・小林弘幸先生。この時期になると、大学の新歓コンパで大量のお酒を飲んだ学生が、救急車で運ばれるニュースをよく耳にする。

 

「そんな学生と同じ急性アルコール中毒で、アメリカでは毎年2千人以上が命を落とすというのです。しかも、その死亡者は、35〜64歳が8割近くを占めており、若者の暴飲ではなく、酒量の限界を知っていそうな年齢層というのも驚きです。お酒の耐性が高いアメリカ人でさえ、これだけの人が毎年亡くなっていることを考えると、お酒に弱いといわれている日本人は……詳しいデータはありませんが、相当な数になるでしょう」

 

「百薬の長」というお酒も、過剰な摂取は禁物。命を落とさないまでも、「お酒の飲みすぎは、自律神経のバランスを崩す最悪の生活習慣だ」と、小林先生は言う。

 

「そこでお酒と上手な付き合い方が必要になります。ふだん、仕事で会食をする機会が多い私は、気をつけていなければ、飲みすぎてしまうことが少なくありません。とくにおいしいワインに出合うと、ついついグラスが進んでしまいます。そのためワインが出ない会食のときは、飲酒をやめ、休肝日を作るようにしています」

 

とはいえ、相手がいることなので、なかなか断わりづらいもの。

 

「そんなときはあえて車で会食に行くようにしています。運転があるならば、相手も勧められませんからね。ワインを飲むときも、体内の脱水予防のため、同じ量の水を飲むことは忘れません。おいしいお酒は、疲れを癒してくれる存在。適度な量と健康な体で楽しみたいですね」

【関連記事】

米国本社に責任負わされた?マクドナルド原田社長“退任の真相”

我慢できず食べ過ぎ招く「依存症食物」に注意!
パンケーキも? 朝食に食べてはいけない食品はこれだ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング