「喪失」が引き起こす悲しみに寄り添う「グリーフケア」とは?

投稿日: 2015年05月21日 06:00 JST

夫の愛川欽也さん(享年80)を亡くした、うつみ宮土理(71)。「心に大きな穴がぽっかりあいた」と、5月10日の会見で深い喪失感を語った。

 

「自分にとって、かけがえのない人が亡くなったときに感じる悲しみや絶望などのことを、『グリーフ(悲嘆)』といいます。これは、時間とともに癒されるのが普通と思われがちですが、じつはなかなか、そうはいかないのです」

 

そう語るのは、上智大学「グリーフケア研究所」所長の島薗進特任教授。愛する人を失ったとき、誰もが経験するグリーフに寄り添い、回復を手助けする「グリーフケア」が今、注目を浴びている。その内容について、島薗さんに解説してもらった。

 

「喪失体験は、自分の命の一部がもぎとられたような感覚ともいえます。不眠などの体の不調のほか、精神的ショックから引きこもる人もいます。こうした立場にいる人が、再び、生きる意味を見いだして立ち直ろうとする『グリーフワーク』のお手伝いをするのがグリーフケアです」

 

グリーフは死別だけでなく、離婚や定年など、あらゆる「喪失」によって引き起こされる。グリーフケアでは、まず当事者に過去を振り返ってもらうことから始まる。

 

「もつれた心をほぐし、失った人との関係性を結び直していくのです。少人数のグループになって、お互いの経験について話をしながら、自分の心の壁を自覚してもらうこともあります」

 

事故や災害、身近な人の自殺などを経験した人たちによる「遺族会」も、同じような役割を持つ。共通の痛みを持った人が集まることで、話もしやすくなり、共鳴もしやすくなるのだ。

 

そのためグリーフケアを学ぶ講座には、宗教家や看護師など、他社をケアする立場の人のほか、「自分が経験した悲嘆を生かしたい」という一般人も多いという。しかしながら島薗さんは、他人をケアするうえで大切なことは「他人ができることは、それほど多くないと自覚すること」と話す。

 

「私たちは、相手自身になることはできません。グリーフワークをするのは本人です。その人の近くで、心に寄り添い“待つ”。悲嘆の痛みが癒えていく過程を、ともに体験させてもらえるのは、ケアする人にとっても大きな力になるのです」

 

自分自身でもできるグリーフワークについて、島薗さんに聞いた。

 

「失った人へ、感謝の思いを感じるような思い出し方をしてみましょう。これを私は『いのちの恵み』と言っています。相手への感謝をノートに書いてもいい。いっしょに旅した場所を訪ねてみる、その人が好きだった音楽を聴く、共通の知人に会う……そうしたこともいいですね」

【関連記事】

うつみ宮土理「最期の別れは私だけで…」貫いた“正妻のプライド”

101歳の詩人・柴田トヨさん死去長男が語った「最期の詩」
高齢の親の病気別に把握する「最期」と「対処法」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング