スマホゲーム「自己肯定感が低い人が依存しがち」と専門家

投稿日: 2015年06月10日 11:00 JST

「最近、スマホゲーム依存症になる人が急激に増えています。特に、ここ3年ほどで圧倒的に増加しているのは、女性です。家事や育児を放棄してまで、スマホゲームに没頭してしまう主婦の方も多くなっています」

 

そう話すのは、成城墨岡クリニックの墨岡孝院長。日本では数カ所にしかない「ネット依存外来」を設置し、多くの依存症の人たちを治療してきたエキスパートだ。

 

『ディズニーツムツム』や『パスドラ』などのパズルゲームは、女性にも人気だ。実は、今までゲームをしたことのない女性のほうが、ハマりやすいのだとか……。

 

「登場するキャラクターがかわいくて、ルールも簡単。多くの芸能人もハマっているなど話題性がある。スコアがランキングになっているので、競争意識をあおられるなど、ゲーム初心者の女性でもどんどん深みにハマるように作られているんです」

 

そもそもスマホゲーム依存症とは、どういう状態に陥った人のことをいうのか。墨岡先生によれば、以下の4つの定義があるという。

 

〈1〉自分の力ではそのゲームをやめられない。コントロールができない。

〈2〉どんどん深みにハマって、ゲーム以外のことができなくなる。

〈3〉ゲームを取り上げられたときにパニックになる。

〈4〉1日10時間以上ゲームに没頭している。

 

こうした状態に陥ると、生活のほとんどをスマホゲームに費やすため、睡眠時間が減少し、生活が不規則になり、健全な生活が送れなくなる。

 

「ハマりやすいタイプの人は、現実世界で満たされない気持ちを持っている人ですね。友達同士のやりとりでトラブルを抱えていたり、職場や子育て、夫婦関係でストレスを持っている人。『私って、価値があるんだろうか……』と悩んだりする自己肯定感が低い人も、スマホゲームに依存しがちです」

 

1日10時間を超えないまでも、5〜6時間はスマホゲームをしている依存予備軍の主婦は少なくないという。ゲームにハマりすぎないよう、適度に付き合う方法を教えてもらった。

 

〈1〉ゲーム時間を決める、目安は1時間程度。

〈2〉気分転換やストレス解消など、ゲームをする理由を自覚する。

〈3〉なるべく課金しない。課金しても1万円まで。

〈4〉ママ友などのしがらみで、無理にゲームをしない。

 

本来は楽しむべきツールのスマホゲームに翻弄されることなく、うまく付き合っていきましょう!

【関連記事】

蛭子能収のゆるゆる人生相談「夫がスマホゲームばかり」

顔から40cm離す、メガネの度数見直し…「スマホ老眼」予防法7

20代でも四十肩に!?「スマホ巻き肩」にならない正しい姿勢とは

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング