不倫ではなく“枕営業”判決の銀座ママの店を訪ねると…

投稿日: 2015年06月11日 06:00 JST

「ママの枕営業は不法行為にあらず」

 

そんな画期的(!?)な判例が話題になっている。きっかけは、50代女性が、夫と7年間にわたって肉体関係にあったとして、銀座のクラブのママ・A子さんを訴えたことだった。原告の代理人だった青島克行弁護士はこう語る。

 

「A子さんは陳述書で原告の夫との性交渉を明確に否定しました。それなのに、始関(しせき)正光裁判官(57)は唐突に枕営業を論点に持ち出してきたのです」

 

結局、A子さんの行為は“枕営業”であり、不法行為ではないと認定された。

 

判決文によると、「ソープランドに勤務する女性のような売春婦」(判決文まま)と性交渉をしても、妻への不法行為ではない。枕営業とソープランドの違いは対価が直接か間接かにすぎないから、「『枕営業』であると認められる場合には、売春婦の場合と同様に」(同前)不法行為ではないという。

 

なんとも裁判官の倫理観を疑わざるをえないロジックだが、じつはこの判決が下ったのは昨年4月のこと。これが「司法ジャーナル」’15年6月号で取り上げられ、さらに朝日新聞が報じたことで話題となった。

 

裁判所に「売春婦の場合と同様」と認定されたことをA子さんはどう思うのか?

 

「どうぞ、お座りください」

 

銀座のある店を訪ねると、A子さんが出迎えてくれた。「A子さんですか?」と記者が問うと、取材であることを察知したバーテンダーがすかさず、「初めて?申し訳ないね。紹介者がいないとダメなんだ」と割って入る。

 

追い返される記者に、A子さんが「ごめんなさいね」とニコリ。やはり銀座の女。1枚上手のようだ。

 

(週刊FLASH6月23日号)

【関連記事】

旅先で…友達と…男たちが語る実録「一夜妻SEX」物語

川崎麻世「妊娠」告げた不倫愛人を“ポイ捨て”逃走!

40代女性の不倫事情「取引先の彼と10年ぶりの…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング