祝世界遺産!知っておきたい軍艦島の歴史「全盛期は世界最大人口密度」

投稿日: 2015年07月09日 06:00 JST

image

世界遺産登録が決定し、注目を集めている軍艦島。正式名称は「端島」というが、軍艦にも似たその外観から軍艦島と呼ばれている。廃虚マニアの聖地として注目されているが、全盛期は世界最大の人口密度を誇る最先端都市だった!

 

「もっとも住民が多かったのは昭和34(1959)年で、総人口5千259人でした。軍艦島は、『たばこ1本吸う間に、島内を1周できる』と言われるほど小さく、人口密度は当時の東京の約9倍。その記録は破られていません」

 

そう語るのは『軍艦島入門』(実業之日本社)の著書があり、60回以上も島に渡っている「軍艦島伝道師」、オープロジェクトの黒沢永紀さん。軍艦島は良質の石炭が産出されることから、明治23(1890)年に三井財閥二代目総帥の岩崎弥之助が、当時の所有者から買収。炭鉱の町として栄えた。

 

「三菱が最先端の技術を投入したことで、石炭の採掘量は飛躍的に増加。それに伴い炭鉱労働者と家族、三菱から派遣される社員などの人口も増加したため、高層住宅が次々と建設されたのです」

image

その第1号は、鉄筋コンクリート造りの30号棟。東京もまだ平屋だらけだった大正5(1916)年に、地上7階建ての国内初の高層アパートが、絶海の孤島に建てられたのだ。

 

「その後も続々と高層住宅が建てられました。家だけでなく、学校、病院、寺社に映画館まで。ただでさえ小さな島に炭鉱施設と都市が共存しており、わずか200メートル四方の居住エリアに5千人が暮らしていました。海底水道や屋上庭園など“国内初”の試みにあふれたこの島は、まさに未来都市。近隣の住民は、不夜城のごとく明かりがともり続ける軍艦島を、異世界と思っていたようです」

 

しかし、日本が石炭から石油へエネルギー政策の転換を迎えたことで、昭和49(1974)年、軍艦島は閉山。住民は島を離れることを余儀なくされ、崩れゆく廃虚としての時を重ねていった。

 

「軍艦島は、戦前から戦後にかけて間違いなく20世紀の日本を動かしていた島。その痕跡をこんにちにとどめる、貴重な文化遺産です」

【関連記事】

蛭子能収のゆるゆる人生相談「長崎のオススメのスポットは…」

富岡製糸場世界遺産入りでにぎわう「群馬県クイズ10」

世界遺産効果? サマージャンボで富士山周辺売り場が“大爆発”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング