安藤忠雄の「幻の五輪スタジアム」案は931億円

投稿日: 2015年07月24日 06:00 JST

関連キーワード

image

「私は(建設費が)2千520億円と聞いたとき『えっ本当?』と思いましたよ。これは調整しないといかんでしょう。それが国民の気持ちでしょう」(安藤忠雄氏・73)

 

先週16日、建築家の安藤氏は建設費が暴騰した新国立競技場問題について会見し、驚いた表情を見せた。

 

安藤氏の主張は明快だ。実際に競技場の工事が始まるまでには「デザイン案選定」「基本設計」「実施設計」の3段階あるが、安藤氏が関わったのは’12年11月のデザイン案選定まで。その後の建設費高騰については関与していないというもの。イラク出身の建築家、ザハ・ハディド氏のデザインに決まった段階では、建設費は1千625億円と想定していたという。

 

安藤氏は、2016年東京オリンピックの招致活動にも参加している。当時は湾岸の晴海に造る計画だったが、このとき安藤氏が中心になって作成した競技場案は、’06年の段階で全施設の整備費を一括して796億円。スタジアムには富士山が眺望できるラウンジも付設。お茶碗の底のような屋根が特徴的だった。

 

’09年案になると、建築費はスタジアムだけで931億円に増加。931億円のうち、都が898億円、大会組織委員会が33億円を負担。常設部分は2年半あまりで完成の見込みだった。

 

安藤氏の’06年、’09年案は、ともに10万人規模(常設8万人+仮設2万人)で、ザハ氏デザインの新国立競技場に比べて遜色はない。それなのに1千600億円も安いのだ。

 

会見で、安藤氏は「リーダーが必要だ」と言ったが、せっかくだから、有識者会議で自分をリーダーに指名したらいかが?

 

(週刊FLASH8月4日号)

【関連記事】

新国立競技場を大迷走させた“悪いやつら”総直撃

住民あ然…新国立競技場計画で“強制立退き”が…

新国立競技場 全国待機児童ゼロ&出産費用無料化よりも高額

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング