“その道の現役最高齢女性”長寿の奥義(3)101歳スイマーの場合

投稿日: 2015年09月26日 06:00 JST

image

日本全国の現役で活躍する“最高齢”女性たち。どうしたら、彼女たちのように毎日を元気に過ごすことができるのか?彼女たちの“長生きのヒント”を探った!

 

「6歳のときに腸炎で大病したけど、病気はそれっきり。水泳は“もっと記録が出せるかも”って続けてきただけ」

 

そう話すのは、山口県に住む現役最高齢スイマーの長岡三重子さん(101)。101歳でありながら、マスターズ水泳の95歳から99歳クラスで7種目、100歳から104歳クラスで18種目の世界記録を保持しているトップ・アスリートだ。

 

「80歳でヒザが悪うなって、病院もあっち行き、こっち行き水を抜いたりしたけど、どうしても痛い。それでリハビリのつもりで水中ウオーキングをしました」

 

歩くだけでは飽き足らず、自己流で背泳ぎを覚え、しばらくすると25メートルを泳ぎ切った。88歳のとき、ニュージーランドで行われた世界大会では銅メダルを、90歳のときに参加したイタリア大会では銀メダルを獲得。長岡さんは、一緒に大会に参加していた息子の宏行さんに、こう言った。

 

「銀メダルはつまらん。北島康介も富士山も1番だから知っているけど、2番は知らん」

 

自己流では金メダルが取れないと、近所のスイミングスクールに、プライベートレッスンを申し込んだ。“趣味”として続けていた水泳が、“競技”となっていく。92歳で金、銀、銅を獲得したときも「いや、金を3つ取りたい」と記録を伸ばす。

 

「95歳のときは、世界記録を出したくて、全国を回って毎週大会に出ていました」

 

“もっと、もっと”という向上心が、さらに長岡さんを元気にさせたのだろう。息子の宏行さんは、長岡さんの元気の秘訣についてこう語る。

 

「94歳まで商売をやっていて、脳みそもフル回転させていました。自立しているから、家族が何か反対しても『だまっとれ』って、わがままし放題の生き方。それが健康にいいのかも(笑)」

 

9月25日には、日本スポーツグランプリの授賞式に参加する予定だから「それまでは死ねないねえ」と笑う長岡さん。さらなる記録更新に期待しています!

【関連記事】

ボケない、得する贈与…将来のためになる「貯めたお金の使い方」

「ゆるくつながって暮らしてく」主宰者語るシェアハウスの未来

内海桂子師匠 90歳でも現役バリバリの秘密は「3つの習慣」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング