「ヌケ感」「草生える」…能町みね子が選ぶ“本当の流行語”

投稿日: 2015年12月29日 06:00 JST

関連キーワード

image

「2015年の流行語大賞は例年以上に不作でした。大賞を受賞した『トリプルスリー』『爆買い』はそこまで流行ってませんよね。TOP10に入った中で私が選ぶなら(五輪の)『エンブレム』ですが、ネガティブな話だから大賞には選ばれない。『五郎丸』も流行語ではなく、単に人名だし。『一億総活躍社会』はツッコみたくなる、という意味では納得ですかね。『一億総○○』というパロディをたくさん見かけました」

 

そう話すのは、「プロ彼女」という言葉の生みの親で、エッセイストの能町みね子氏。彼女は、2015年の流行語大賞をどう見ていたか。

 

「やけに政治ネタが増えて、思想色が強くなりました。私なりの流行語の定義は『いつの間にか使っていて、発信元不明』なもの。2015年だと『ヌケ感』なんて、女性誌を見ているとよく使われてますね。大学生に聞いたら『よさある』って言い方が流行ってるって(単に「よい」という意味)。でも、こういうのは絶対入らないんですよね」

 

流行語大賞を選ぶとしたら?

 

「ネット用語、好きなんですよ。『草生える』(ネット用語でW=(笑)のこと。最上級が『大草原不可避』)とか、入れてもいいですよね。2015年最も強烈だったのは、武藤貴也議員が未成年買春騒動で交際相手に言ったとされる『奴隷だよ』。金銭問題も吹っ飛ぶような、パンチ力のある言葉でした。『五郎丸ポーズ』を入れていいなら、『上西小百合メイク』だって入れてもいいでしょう。メイク方法自体が流行ったわけじゃないですけどね。私が作った『プロ彼女』もなぜか流行語候補の50個に選ばれましたけど、もし入賞していたら、本当に表彰式に呼んでくれたんですかね?」

 

(FLASH 2016年1月5・12日号)

【関連記事】

学者芸人・サンキュータツオ語る「流行語が死語になるまでの道」

美智子さまの忘れられないお言葉「伝統を継承して…と」

オープニング曲のあの言葉は大丈夫?『ブラタモリ』Q&A

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング